1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. 香港 »
  4. 香港税務

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

香港 > 税務

現地法人の会計担当者の確保は、どうしたら良いだろうか?

質問:
小規模で香港進出している我社にとっては現地法人の会計担当に辞められると非常に困る。本社などとの連携上でも対応が滞る可能性が高いし、第一、自分自身が営業畑で今までやって来たのでこうした管理系の、まして企業財務の部分の対応をする知識を経験も充分でない。どうしたら良いだろうか?


返答:
通常、お客様の様なケースに於いては香港現地法人の会計担当者をインハウスで置くか、外注(アウトソース)する形で対応されるのが一般的です。
実際のところ、アウトソースする方がインハウスで会計担当を雇うよりコスト的にはメリットがあるケースが多く、またペーパーカンパニー的な規模での進出が盛んでもある香港ですとこうしたアウトソース化が非常に一般的であり、これは弊社でも頻繁に問い合わせがあるものの一つと言えます。

▲ページのTOPへ