1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. 香港 »
  4. 香港一般

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

香港 > 一般

香港に行くならここは外せない(!?) CCMが選ぶ香港観光スポット!

夏休みに心を踊らせる方は古今東西、老若男女を問いません。今回は"観光"としての香港の魅力的なスポットを10箇所選んで見ましたので是非ご自身のプランの為にご参考下さい。

10
位:ゴンピン360
香港のランタオ島の大自然の眺めを楽しめる「ゴンピン360」。ロープウェイが東涌(トンチョン)と昂平(ゴンピン)の区間約5.7kmを網羅しており眼下に広がる景観を楽しむ事が出来ます。また床がガラス張りになっているゴンドラがあるのでちょっとした浮遊感を楽しみたい方々には打ってつけのスポットです。

9
位:ラマ島

香港島の離島の一つであるラマ島は都会のイメージを持つ香港にとってはまさに田舎そのものの牧歌的とも言える観光スポットです。ここは海外からの観光客だけでなく、地元の方々にも大変人気のスポットで日帰り旅行先として訪れる人も沢山いらっしゃいます。また同島のフェリー乗り場周辺には新鮮な魚介類を堪能できるレストランやお土産を買える雑貨店などが並ぶ商店街があるだけでなく、ハイキングコースもなどもある為、島そのものの散策が存分に楽しめます。

8
位:1881ヘリテージ

レストランやホテル、高級ブティックなどが沢山入ってる総合施設が「188ヘリテージ」。

建物の一部などには香港の歴史的な側面を今に伝える建築物を利用しており、それらが現代文化が融合しているのがその魅力でもあります。入居しているレストランなどの質は何も高く、中には日本の福山雅治が訪れたところも。

7
位:長洲島

ランタオ島の南東に位置する、香港の離島のひとつが「長洲島」。ここもラマ島と同じく都会の喧騒からとは明確に一線を画すところです。45月頃に行われる饅頭祭が世界的にも有名で、開催時期には大勢の観光客が訪れます。

 

6位:黄大仙

「黄大仙(ウォンタイシン)」は香港に於ける魂のパワースポットです。道教、儒教、仏教からなる寺院であり、ここでは100を超える占いブースや風水グッズを扱うお店があります。また手相や風水、或いは面相などで占いを行う様々な占い師が居る事でも有名です。

 

5位:男人街&女人街

九龍側(カオルーンサイド)に於けるナイトマーケットのひとつがこの「男人街(ナンヤンガイ)」。こちらは男性向けの商品を数多く取り扱っている為、そうした事を理由として次第に「男人街」と呼ばれるようになりました。一方、女人街(ノイヤンガイ)と言うスポットは女性用の商品を中心に取り扱うエリアです。この通りには洋服やアクセサリー、お土産など数多くのお店や屋台が引き締めており男人街同様、非常に人気のあるスポットとなっています。

 

4位:西貢(サイクン)

西貢は香港の中心部から離れ、海や山など自然に囲まれている地域です。都会の高層建築しか香港の印象がない外国人などにとってはの香港の自然に触れるまたとない機会となるでしょう。また海鮮料理も有名で数多くのレストランで新鮮な魚介類をお好みの調理方法で調理してもらうことができます。余談ですが、CCMの兄弟会社であるアメジスト香港が主催するボートパーティーも西貢にて頻繁に開催しています。

 

3位:スタンレーマーケット

「赤柱/スタンレー」はリゾートとして知られている香港島南東部に位置するエリアです

富裕層なども好んでこの地を"終の住処"とする割合も高く、また美しい自然に恵まれていること等から外国人が多く住むようになりました。今では多くの欧米人が住む高級住宅街が広がっています。また赤柱市場(スタンレー・マーケット)や赤柱廣場(スタンレー・プラザ)の海沿いのおのレストランでは食事やショッピングなどを楽しむ事が可能です。

 

2位:蘭桂坊(ランカイフォン)

一言でランカイフォンを表現するならば、ここは香港の"六本木"です。毎週、金曜になるとどこからともなく非常の多くの西洋人が現れ、スタンディングバーなどで一杯引っ掛けならが情報交換を行う姿を良く見掛けます。また欧米風のお洒落なレストランやカフェやバーなどが立ち並び、映画のシーンの撮影やテレビ・雑誌などにも頻繁に紹介される人気のスポットです。またハロウィンやクリスマスなど西洋の大きなイベントの日は盛大な乱痴気騒ぎの拠点と変貌します。

 

1位:ヴィクトリアピークやはり香港と言えば、このヴィクトリア・ピーク。『百万ドルの夜景』と称されるこの"ピーク"(山頂き)は観光客にとっても人気ナンバーワン。ピークは標高約552mもあり、香港島の中で1番高い山で、そのアクセスの際に使用するケーブルカー、"ピーク・トラム"は最大で何と23度(!)もの傾斜で(文字通り)山頂を目指すのです。また頂上に上ると観光拠点の中心となる「ピーク・タワー」があり、近代的な建築デザインで観光客にストレスを掛けません。この中にはレストランや蝋人形館などのエンターテイメントのお店等があり、360度のパノラマを楽しめる展望台「スカイ・テラス428」も必見です。

 

番外:香港ディズニーランド

番外と位置付けましたが、テーマパーク好きにとっては「香港ディズニーランド」は外せない選択肢でしょう。サイズそのものは東京のディズニーランドよりかなりこじんまりしていますが、東京とは違うアトラクションもある上、楽しみ方の幅は期待出来る場所でしょう。また、香港ディズニーランド内には「インスピレーション・レイク・レクリエーション・センター」というエリアがあり、湖のそばでリラックスした雰囲気の中で家族などとゆっくり過ごすことが出来ます。

 

以上、独断と偏見による香港観光スポット10選、如何でしたでしょうか?こうして挙げた10箇所の観光スポットですが、香港の魅力はまだまだこれだけに止まりません。是非、個人個人の素晴らしい旅行計画を立てて、存分に夏休みを楽しまれて下さい。

▲ページのTOPへ