CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港で快適な賃貸物件発見するには?

香港に赴任をする際にかなり高い順番で「不安」に思われる箇所があるとすれば、それは恐らく「住まい」に関することなのではないかと思われます。

事実、(勝手知ったる)自国の事情ですら転勤の場合等にはその土地のやり方と言うものには戸惑うものですし、ましてそれが外国の事となってしまうと、最初の住処(すみか)の確保と言うタスクは決して簡単なものではないと言えます。

特に香港では“香港なりの”特殊事情と言うものも存在している為、無用なストレスやトラブルを避ける為には香港の住宅に関して事前にある程度理解しておいたり想定される事由と言うものをイメージして置く必要があるでしょう。

以上の点を踏まえて、今回は駐在員が香港で快適な“我が家”を見つける為の「処方箋」ともいうべきポイントのいくつかをご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港
香港における快適な住居の確保=駐在生活の成功?

 - お役立ち情報, 海外移住・国際, 生活, 香港生活情報 ,

  関連記事

150121110315_0
マイナンバー準備と今後注意しておくべき税制(2)

2018年をターゲットの年度として、今、日本を含めた世界的な税務情報交換の制度導 …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(2)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

no image
【WBS特集 「地方から世界へ」のご紹介】

日本国内市場に限界を感じ世界へ進出する企業が増えています。 アジアの情報収集をし …

no image
香港の教育システムの構造とは?

香港現地での教育と言うのは一時期の日本以上にプレッシャーが高いところであると言え …

no image
香港法人従業員の産休取得について

香港の雇用条例によりますと、産休を取得するには、下記の条件を満たしていることが必 …

no image
居住国判定の際の「住所」とは?

日本と軽課税地域・国との間を行き来するような方々にとって、課税上の論点で国税局側 …

no image
超富裕層に対する課税強化体制

毎年、課税強化に勤しむ我が国の税務局ですが、どうやら来年以降もその手綱を緩めるこ …

no image
仮想通貨をめぐる税務問題について

話題としては頻繁に出て来る「仮想通貨」ではありますが、一般市民にとって実際にビッ …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(1)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

no image
香港現地法人を休眠にする前に理解しておく必要があること

経済産業省の統計データによると海外進出を行った企業の数の“ピーク時期”と言うのは …