CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港の教育システムの構造とは?

香港現地での教育と言うのは一時期の日本以上にプレッシャーが高いところであると言えます。親側の視点は常に子供がより良い教育を受けられるよう勉強をプッシュしますし、地元の学生・生徒達はテストの結果に一喜一憂し、場合によってはその“圧力”に耐え切れず、自らの命を断つようなケース等も発生したりする程です。最近では大陸側の人間が香港の経済や政治場面で多くスポットライトを浴びる等、徐々に自分達の領域が侵食されて来ていたりする背景もあり、競争の濃度は更に激化しつつあると言うのは本当のことのようです。

日本から駐在に来られる方々でも(香港の場合は)“家族帯同型”が多いこともあり、通常は日本のプログラムを踏襲する日本人学校に入学させることが主体となっていますが、こう言った方々の中には敢えてローカルの学校やインターナショナルスクールなどで中国語や英語を主体としたプログラムに子供達を積極的に晒すことによって、将来の“投資”として駐在期間中の子供の教育を実践する層も多くなって来ました。

本稿では現在の香港の提供する教育オプションについて触れて行きたいと思います。

詳しくはCCM香港HP
日本以上の競争社会?=香港の教育システム

 - お役立ち情報, 生活, 香港 , , ,

  関連記事

no image
香港における新型コロナウィルス感染症対策最新アップデート1

以前もご案内した情報となりますが、刻一刻と変化するコロナ禍での状況について今年の …

no image
改めて考える香港ビジネス、「進出」か「撤退」か?「継続」か「精算」か?

ここ1年の香港市場に関する企業の判断と言うのは残念な事に概ね“後ろ向き“であると …

no image
タックスヘイブン国、BVIの中で起こっている「変革」への対策

“タックスヘイブン”と言う言葉で世界中を括ると大よそ60国(&地域)があると考え …

no image
英国と中国、「香港」を巡るお互いの主張

我々西側にいる人間たちからすると、中国が行なっている香港に対する弾圧というのは非 …

no image
質問形式で明らかにする香港の魅力とは?(2)

香港に住むメリットは非常に多くの断面がある為、中々その中から一つだけ挙げろと言わ …

no image
香港の構造上の有利点とは何か?-2

香港を世界有数の地位に押し上げたく構造上の有利な点と言うのは前回、ご案内した「金 …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …

no image
米国の法人税率引き下げがオフショア市場に与える影響

アメリカのトランプ大統領が自国の法人税率を20%まで引き下げと言う、大統領選キャ …

no image
2つの「特別行政区」、香港と澳門について

日本から香港に渡航される方々の中にはマカオ(澳門)を“セット”にして訪れるような …

no image
香港渡航の際に気をつけておくこと

香港特別行政府のトップである李家超(John Lee)行政長官が香港の全面解禁を …