CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】日系企業が目を向ける先となったベトナムと香港の立場

ここ数年、商談等でお客様から相談される先として脚光を浴びているアジアの国は、香港や中国、或いはシンガポールと言ったところで無くなりつつあるようです。ではどの国が日本企業のターゲットとなっているのかと言うと、香港より更に南下した地域にある国、ベトナム共和国です。その昔、ベトナムは長きに渡るアメリカとの戦争や社会主義と言う体制ゆえ日本にとっても中々その実態が掴み切れない国のひとつであった訳ですが、世界経済、取り分け中国経済減速の影響等と言った要素から、現在では大きなスポットライトが当たるトレンド国となって来ました。

では何故今ベトナムなのか?また香港との絡みでビジネスとして利用出来るような面が有るのかどうか?と言う切り口でそのマーケット特性や概要をお伝えすることでアジアでのビジネストレンドのひとつを考察します。

詳しくはCCM香港HP
日本から見るベトナムと香港の効果的な組み合わせについて

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本, 海外移住・国際, 香港法人 , ,

  関連記事

no image
“非香港会社”としての香港進出とは?

香港進出には何も「個人会社」形式や「パートナーシップ」形式、或いは「現地法人」形 …

no image
香港における慈善機構の設立について

香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別途 …

no image
YouTubeを仕事にする者の課税関係の話

従来のエンターテイメントや時事を取り扱うニュースなどの“主軸”であったTVや新聞 …

no image
家族帯同か否か?海外駐在に於ける会社方針について

海外駐在員を送り出す際に会社側として考えることの中の1つと言うのは、駐在者が仮に …

no image
香港の『国際金融センター』としてのポジションの「変異」

当コラムでも何度も取り扱って来たテーマのひとつである香港の『国際金融センターラン …

no image
人材“流出“ではなくなっている香港の現状

昨今、不安定な世情が盛んに喧伝されている香港の状況ですが、必ずしも全てが“厭世モ …

no image
香港の生活を“支える”外国人メイドについて

香港で一度でも生活をした経験がある方であれば、この地がまさにアジアのメルティング …

no image
“隙“を突き続ける中国と香港が向き合わなくてはならない“窮状“

既に多くのメディアを通して発信されている情報ではありますが、新型コロナウィルスの …

no image
香港における法定会計監査・税務に関するあれこれ

日本と比較すると香港は多くの面、特にルール上の面で大雑把であることが挙げられます …

no image
平成30年4月1日以降開始年度に影響を及ぼすタックスヘイブン税制の改正

今年の12月14日、国税庁から税制大綱が発表されました。毎年、この時期になると翌 …