CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港の税制を有効利用して見る方法

香港やシンガポールと言った地域・国は俗に言うタックスヘイブン地域となる訳ですが、ここの税率を存分に使用することを真剣に捉えている企業は余りいない様です。個人の資産家などの方がむしろこの面については遥かに有効利用の手立てを模索し実行に移すケースが多いことを考えると会社体としての目的は節税と言う面は二の次で、むしろ実体のビジネスからの収益を如何に挙げていくのか?と言う事業目的の方が一般的と言えるのでしょう。

しかしながらそう言う面が順序的には優先されているとは言え、折角進出を果たしたと言えるのですから有効利用する考えを持たれることは何ら咎められるものでありません。今回はそうした面にフォーカスを置き、海外子会社が優遇税制をどの様に活用したら良いのか?と言うことについて触れて参ります。

詳しくはCCM香港HP
やらなければ損?香港の利点を確りと利用すると言うこと

 - お役立ち情報, 海外法人(オフショア法人), 税務, 税務・税制, 香港法人 , ,

  関連記事

no image
香港の製造子会社 タックスヘイブン対策税制対象外?

本日(12月6日)の日経新聞朝刊によると政府・与党はどうやら来年の税制改正大綱で …

no image
香港法人立ち上げに関わるご質問①

弊社サービスの中で重要な位置付けを占めているのは、言うまでもなく海外法人(香港法 …

no image
ポケモンGOにも課税!?

7月初めにアメリカなどが起爆剤になり、一気に世界中に浸透したNiantic社制作 …

no image
OECDが進める『自動的情報交換制度』の動向

日本を含めた海外の国々、特に先進国間を中心として『自動的情報交換制度』(英語:C …

no image
日本の生命保険に関する税法上の違いとは?-2

昨今では国を跨る様々な法的規制の整備や商品提供を行う側の商業的な目的が優先されて …

no image
香港における慈善機構の設立について

香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別途 …

no image
「香港−日本」を含めたアジア諸国での出入国規制のあれこれ〜

出入国の管理の“厳格化“と言うものは、今回の新型コロナウィルスのようなパンデミッ …

no image
日本と異なる(?)香港の会計と監査

香港の会計制度や監査については今までも何度か取り上げて来ました。 一番分かり易い …

no image
【タックスヘイブン対策税制 実体基準の判定について】

香港のような軽課税地域では常に日本の税法、特にタックスヘイブン対策税制の影響下に …

日本国の租税条約ネットワーク
日本国の租税条約ネットワーク

日本国の租税条約ネットワーク 日本は2015年現在、世界90か国・地域と二国間租 …