CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港も入るタックスヘイブン地域の特性(3)

前々回、そして前回の2回に渡り、 「タックスヘイブン」に関する情報の纏めを行ってまいりました。

香港のような、ある種特殊な税制を敷いている地域と言うのはこの「低税率」と言う恩恵を享受出来るメリットを得られる反面、世界中の税務局から“注視“を常に受け続ける煩わしさが存在します。

特に利益をこうした地域に集中させるような組織上の構造を施し、グループ会社間で内部留保を蓄積して行く様な方針を持つ企業にとっては、本社が所在する国における毎年の税制をしっかりと把握し、それに応じた対応策を講じると言う姿勢は必要不可欠なスタンスであると言えるでしょう。

今回のBlogでは、これまで2回の総括的な意味合いとして、この「タックスヘイブン」と呼ばれる国(地域)の種類とその内容を改めて見直しを行うことで理解を深め、自社がそうした国(地域)に於いて今後のビジネスから生み出す利益の最大化と継続化を実現する為のアイデアを考察することにします。

詳しくはCCM香港HP
租税対策がこれまで以上に加速する?「タックスヘイブン」を筆頭として存在する様々な種類とは?(3)

 - お役立ち情報, 国際税務, 税務, 設立, 香港法人 , , , , ,

  関連記事

no image
香港就労ビザの申請について

香港に会社を設立し、その会社の取締役として就労ビザを申請するには、香港にビジネス …

no image
米国が決めた「香港人権・民主主義法案」が与えるインパクトとは?

香港の状況と言うのはやはり2014年の雨傘運動の時と同様、外(国諸国)から見てみ …

no image
新型コロナウィルス感染症:香港では現在どのような措置が取られているのか?

昨年の12月から新型コロナウィルス感染症の感染者数が“うなぎ登り“を見せ始めた日 …

no image
改めて、移転価格とその調査について

移転価格調査と言うのは通常の税務調査の中でも非常に特殊分野に入る専門調査です。従 …

no image
香港の法人税が免除されるオフショア所得のメリット

香港法人設立を行う際のメリットと言う部分で税率(法人税16.5%)が低いと言う事 …

no image
税務署目線で対策を練ることの大切さについて2

前回からの続きとなりますが、今後、軽課税地域に居住している人やそこで事業展開を計 …

no image
海外取引先に何らかの支払いをする場合に留意すること

日本の「源泉徴収」というのは個人となるとイメージ的に“給与天引き“されているとい …

no image
【コーヒーブレイク】「株式買収」と「資産買収」、海外進出をする時はどのような基準でどちらを選ぶのか?

新型コロナウィルス感染症の発生によって“パンデミック“が世界に拡がり、先の見通し …

no image
【WBS特集 「地方から世界へ」のご紹介】

日本国内市場に限界を感じ世界へ進出する企業が増えています。 アジアの情報収集をし …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …