CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

『香港国家安全維持法』導入から3年経過:影響と現状の分析

『香港国家安全維持法』の導入から早くも3年が経過しました。導入当初の騒ぎは別として、この3年間は一般の日常生活において脅威となるような出来事はほとんど起きておらず、結果的には香港が「平穏を取り戻した」と感じている人々も少なくありません。

しかし、香港(および香港市民)はこれまで「自由」や「人権」の尊重を他の中国の地域よりも享受してきた場所でした。そうした背景から見ると、この3年間が本質的にどのような意味を持っていたのか、疑問が残ることでしょう。口に出すことが難しい前提であるため、個々の人々の内心には戸惑いや複雑な思いがあり、どこかで“捲土重来“の機会が訪れることを期待していると感じていても不思議ではありません。

この記事では、国家安全維持法の施行後の3年間に起こった法律に関連した出来事を取り上げ、それが香港および香港市民にどのような影響を与えたのかに焦点を当てて分析してみたいと思います。

詳しくはCCM香港HP
『香港国家安全維持法』導入から3年:影響と将来展望

 - お役立ち情報, 歴史, 生活, 香港 , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
【APAとは何のことか?】

“APA”と呼ばれるスタンスが海外拠点を持つ企業の間では …

30976e65ef7e77042b32619c6ea313fa
”タワマン節税”にも税務局の手が!?

タワーマンション節税は完璧な節税方法だったのか? 相続税に対してタワーマンション …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
あれから3年…「パナマ文書」と香港

2016年、香港のみならず世界中の人々を震撼させた「パナマ文書」。あの時の巨大な …

no image
海外子会社の経営管理をサポートする際の移転価格上の判断について

経営管理サポートを海外子会社に対して提供する場合の注意点と言うものは何でしょうか …

no image
中国での「社会保険」に日本人駐在員は加入する必要があるのか?

弊社の業務範囲と言うのは香港を中心としてオフショア国(地域)などのご相談案件が中 …

no image
【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー1

11月19日、既に世間一般でも周知の通り、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項④ ~シェルフカンパニー~

お客様が香港法人設立を相談されるとき、よく会計事務所や法律事務所、或いは設立サポ …

no image
香港における法定会計監査・税務に関するあれこれ

日本と比較すると香港は多くの面、特にルール上の面で大雑把であることが挙げられます …

no image
香港政府主導でスタートした観光プロモーション活動と財政支出

香港にとってここ数年の受難は各方面に影響を与えることになりました。その多くは一般 …