CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

『香港国家安全維持法』導入から3年経過:影響と現状の分析

『香港国家安全維持法』の導入から早くも3年が経過しました。導入当初の騒ぎは別として、この3年間は一般の日常生活において脅威となるような出来事はほとんど起きておらず、結果的には香港が「平穏を取り戻した」と感じている人々も少なくありません。

しかし、香港(および香港市民)はこれまで「自由」や「人権」の尊重を他の中国の地域よりも享受してきた場所でした。そうした背景から見ると、この3年間が本質的にどのような意味を持っていたのか、疑問が残ることでしょう。口に出すことが難しい前提であるため、個々の人々の内心には戸惑いや複雑な思いがあり、どこかで“捲土重来“の機会が訪れることを期待していると感じていても不思議ではありません。

この記事では、国家安全維持法の施行後の3年間に起こった法律に関連した出来事を取り上げ、それが香港および香港市民にどのような影響を与えたのかに焦点を当てて分析してみたいと思います。

詳しくはCCM香港HP
『香港国家安全維持法』導入から3年:影響と将来展望

 - お役立ち情報, 歴史, 生活, 香港 , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項⑤~香港の直接税

香港の直接税は僅か3種類のみです。 それらは先ず法人税に当たる『事業所得税』であ …

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務2

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
香港でのビジネス展開を促進する食産業【コーヒーブレイク】

今、香港進出を検討している会社・団体の中で一番真剣に捉えている産業は「食」にかか …

no image
『電子経済』の課税上の課題について

産業の発達と共に、ビジネスの形態も様々な形で変化して来ました。例えば電話やファッ …

no image
海外取引先に何らかの支払いをする場合に留意すること

日本の「源泉徴収」というのは個人となるとイメージ的に“給与天引き“されているとい …

no image
“恒常的な住宅難”と向き合う香港の“壮大なプロジェクト”

「香港」と言う地域を一般的なイメージで連想する印象と言うものは恐らくどれも似通っ …

no image
【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー1

11月19日、既に世間一般でも周知の通り、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン …

3d people - man, people push up word "tax"
【香港ワンポイント -香港法人に日本の税金?】

【 質問 】 日本法人や日本の居住者が株主となっている香港法人の所得について、日 …

no image
「中国と香港の違い」を表現した20枚のイラスト

2015年、丁度雨傘運動が集結して日も間もない時期、ある香港人のアーティストが擁 …

no image
香港進出を前にして当地のビジネス環境を知るには?

香港がコロナからの全面開襟を宣言してからと言うもの、当地ではようやく官民での積極 …