CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

適用間近となる非居住者口座情報の自動交換制度

非居住者口座情報自動交換制度が始まります。この制度の“適用対象者”と言うのは自国に住んでいながらして外国に自分の口座を持っている方とのことになりますが、昨今ではこうしたパターンに当てはまる方々の国外口座に関する各国の歩調が徐々に統一されつつあります。では何故、この段になってこのような動きが表面化するようになって来たのでしょうか?またどのような影響が今後出てくるのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP 【 国外口座の情報交換、各国で制度化へ 】

 - 海外移住・国際, 海外銀行情報 , ,

  関連記事

Bank
HSBC法人口座開設当日に入金は可能ですか?

香港法人を設立してHSBC香港の法人口座開設希望のお客様からのお問い合わせのケー …

no image
HSBC法人口座を利用しないと発生する手数料

弊社で法人をお預かりしているお客様宛てに、HSBCから様々な手紙が送られてきます …

no image
香港で快適な賃貸物件発見するには?

香港に赴任をする際にかなり高い順番で「不安」に思われる箇所があるとすれば、それは …

渡航不要口座開設
【渡航不要!香港で法人口座を開設する方法】

CCM香港では日本に居ながら海外法人を設立し、日本語サポートが受けられる法人口座 …

3d people - man, people push up word "tax"
【 海外居住親族に係る扶養控除の改正① 】

海外に居住する親族について日本で扶養控除や配偶者控除等の適用を受けたいと思われる …

no image
【中国ワンポイント- 駐在員の所得無申告に関するペナルティー】

海外進出をされている会社様の駐在員は、多くのケースにおいて日本国内の給与と現地で …

no image
FATCAとHSBC

FATCA…日本の皆様にとってはひょっとしたら聞き慣れない言葉かも知 …

no image
2016年、大きく変化した銀行口座模様

2016年もあともう数日を残すばかりとなりました。弊社のような海外法人設立を行な …

HSBC Valletta Branch

マルタ島で見かけたHSBCバレッタ支店。 HSBC香港のATMカードでユーロを引 …

no image
183日ルールが適用されないケースとは?-中国

『183日』と言う言葉は国際税務上、非常に重要なキーワードです。 何故ならこの日 …