CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港・中国日本人学校について

香港だけでなく中国国内でも家族帯同ケースの場合、悩みの種は尽きません。

特に日本人が集まる地域として良く挙がる香港や上海などの大都市は(物価の面はさて置き)、日本とそれ程変わらない生活環境を維持出来ますが、それより規模が小さくなる地域への転勤は、食べ物などを筆頭としてその変化が与えるインパクトは軽視出来ません。実際にこれら細々とした違いが日本人家族の大きなストレスの中心となり、泣く泣く帯同を諦める駐在者も多いとか。

その中でも特に学校教育に関しては、多くのご家族にとって帯同条件上、最大の関心事のひとつとなっています。

そこで今回は香港・中国に点在する日本人学校についてご案内させて頂きます。

この『日本人学校』とは、文部科学大臣認定を受けている私立学校のことを言い、現在までに香港に1校2拠点、中国では深圳、広州、上海、蘇州、大連、青島、天津、北京、杭州の9拠点まで拡がって参りました。

これらの学校で学ぶ生徒は編入と言う形で入学をするケースが殆どで、その入学条件と言うものも(国内で通常の義務教育を施された生徒にとっては)ほぼ無条件(日本国籍保有<※>、保護者同居、日本語能力程度)に近いものです。

但し、その入学金や授業料等諸費用は学校の所在地域やそれぞれの財政状況によって上下しており、入学金として10万円~25万円前後で収まっているのに対し、年間授業料は30万円弱から70万円前後と言う違いが見受けられます。

企業負担のケースが殆どとは言え、やはり外国での教育費というのは馬鹿にはなりませんね。

 - 生活, 香港生活情報

  関連記事

no image
香港の『年金』= (強制積立金)とは?

弊社で毎月提供しているオンラインセミナーなどでも毎回のように触れるものの中には香 …

no image
医療事情を香港で自分なりに整えて置くことへの薦め(2)

海外生活を行う際に一番慎重に備えて置かなくてはならないことの一つと言うのは赴任先 …

HK.AQHIjpg
香港の空気質指数をみてみよう

香港は空が霞んでいる日も多く、スカッ!と晴れて青空や夜景がきれいに見える日は少な …

no image
“コロナ“が香港経済に与えている影響について

これは何も香港だけに限った話ではありませんが、やはりこの一年、世界中を席巻した新 …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …

no image
香港の命運の決める?広深港高速鉄道の与えるインパクト

ビジネスを推進する為の香港・中国国内のインフラ構築の動きに拍車が掛かりつつありま …

no image
香港とシンガポール、似て非なる兄弟?それとも双子?

仮に、アジアに於けるオフショア市場をリードする国(地域)を“挙げて見なさい”と言 …

no image
香港にあの”109″が進出!

SHIBUYA109でお馴染みの東急電鉄&東急モールズデベロップメント社(以下、 …

no image
香港政府の防疫措置の延長及び一部強化の情報

2020年12月15日時点の香港・マカオへの渡航制限、防疫措置情報です。 202 …

no image
「香港−日本」を含めたアジア諸国での出入国規制のあれこれ〜

出入国の管理の“厳格化“と言うものは、今回の新型コロナウィルスのようなパンデミッ …