CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港・中国日本人学校について

香港だけでなく中国国内でも家族帯同ケースの場合、悩みの種は尽きません。

特に日本人が集まる地域として良く挙がる香港や上海などの大都市は(物価の面はさて置き)、日本とそれ程変わらない生活環境を維持出来ますが、それより規模が小さくなる地域への転勤は、食べ物などを筆頭としてその変化が与えるインパクトは軽視出来ません。実際にこれら細々とした違いが日本人家族の大きなストレスの中心となり、泣く泣く帯同を諦める駐在者も多いとか。

その中でも特に学校教育に関しては、多くのご家族にとって帯同条件上、最大の関心事のひとつとなっています。

そこで今回は香港・中国に点在する日本人学校についてご案内させて頂きます。

この『日本人学校』とは、文部科学大臣認定を受けている私立学校のことを言い、現在までに香港に1校2拠点、中国では深圳、広州、上海、蘇州、大連、青島、天津、北京、杭州の9拠点まで拡がって参りました。

これらの学校で学ぶ生徒は編入と言う形で入学をするケースが殆どで、その入学条件と言うものも(国内で通常の義務教育を施された生徒にとっては)ほぼ無条件(日本国籍保有<※>、保護者同居、日本語能力程度)に近いものです。

但し、その入学金や授業料等諸費用は学校の所在地域やそれぞれの財政状況によって上下しており、入学金として10万円~25万円前後で収まっているのに対し、年間授業料は30万円弱から70万円前後と言う違いが見受けられます。

企業負担のケースが殆どとは言え、やはり外国での教育費というのは馬鹿にはなりませんね。

 - 生活, 香港生活情報

  関連記事

no image
ユネスコが認定する、香港ジオ(地質)パーク

「香港」と言えば、まず一般的には美味しい食べ物が食べられる“グルメシティー”であ …

no image
香港IDカード&就労ビザについて

香港で就労するために必要な就労ビザと香港ID、そして香港に移住して7年が過ぎると …

no image
海外進出日系企業が抱える資金面・事業面での課題とリスク

企業の海外進出に於けるその「目的」は、つい10年ほど前まで支配的概念であった「現 …

no image
香港の雨傘運動、この4年は何だったのか?

香港が中国からの圧力異議を示す形で市民間に拡がった2014年の「雨傘運動」、別名 …

no image
香港とシンガポール、どちらがお得?

日系企業の海外進出先の話になると必ず候補として上がるのが香港であり、シンガポール …

IMG_5435.JPG
香港で食べる『鶏と青菜の煮込みそば』鶏煨麺(ガイウィミン)

鶏と青菜の煮込みそば  鶏煨麺(ガイウィミン) Braised Noodles …

no image
『一帯一路』に組み込まれて行く香港

中国国家主席である習近平の壮大な構想によって2013年にスタートした中国の『一帯 …

IMG_5281-0.jpg
【香港ランチ】プリンスホテルでタイ式ビュッフェ

今日はPrince Hotelからのお誘いでランチビュッフェを食べに行きました! …

no image
香港とシンガポール、似て非なる兄弟?それとも双子?

仮に、アジアに於けるオフショア市場をリードする国(地域)を“挙げて見なさい”と言 …

no image
香港で上場するには…

以前ほどでなくなったとは言え、依然として企業の『海外進出先』の中で中心的な位置に …