CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港・中国日本人学校について

香港だけでなく中国国内でも家族帯同ケースの場合、悩みの種は尽きません。

特に日本人が集まる地域として良く挙がる香港や上海などの大都市は(物価の面はさて置き)、日本とそれ程変わらない生活環境を維持出来ますが、それより規模が小さくなる地域への転勤は、食べ物などを筆頭としてその変化が与えるインパクトは軽視出来ません。実際にこれら細々とした違いが日本人家族の大きなストレスの中心となり、泣く泣く帯同を諦める駐在者も多いとか。

その中でも特に学校教育に関しては、多くのご家族にとって帯同条件上、最大の関心事のひとつとなっています。

そこで今回は香港・中国に点在する日本人学校についてご案内させて頂きます。

この『日本人学校』とは、文部科学大臣認定を受けている私立学校のことを言い、現在までに香港に1校2拠点、中国では深圳、広州、上海、蘇州、大連、青島、天津、北京、杭州の9拠点まで拡がって参りました。

これらの学校で学ぶ生徒は編入と言う形で入学をするケースが殆どで、その入学条件と言うものも(国内で通常の義務教育を施された生徒にとっては)ほぼ無条件(日本国籍保有<※>、保護者同居、日本語能力程度)に近いものです。

但し、その入学金や授業料等諸費用は学校の所在地域やそれぞれの財政状況によって上下しており、入学金として10万円~25万円前後で収まっているのに対し、年間授業料は30万円弱から70万円前後と言う違いが見受けられます。

企業負担のケースが殆どとは言え、やはり外国での教育費というのは馬鹿にはなりませんね。

 - 生活, 香港生活情報

  関連記事

no image
今後、香港は果たして生き延びることが出来るのか?

2019年6月と言う月は、香港にとってとても“過酷な体験をした月”として人々の胸 …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …

no image
9月に迫る香港の「立法会「選挙の行方」

2020年5月に開幕した全人代で可決承認されることとなった『中国国家安全法』。 …

no image
「香港国家安全維持法」可決から見えて来る中国の“方向転換“

今回のタイトルにあるように、ここ数年、中国が香港に対して“牙を剥いた“一連の出来 …

no image
新型コロナウィルス対策:『追加支援策』に見る香港と日本の違い-1

最近顕著になって来ているのは、新型コロナウィルスの展開に各国で“差”が生まれて来 …

no image
香港に取って代わる日が訪れるか?中国・深センの野望-1

中国にとって「香港」と言うところは一体どのような存在であったのでしょうか?その昔 …

no image
香港の生活を“支える”外国人メイドについて

香港で一度でも生活をした経験がある方であれば、この地がまさにアジアのメルティング …

no image
ポケモンGOにも課税!?

7月初めにアメリカなどが起爆剤になり、一気に世界中に浸透したNiantic社制作 …

no image
何故、香港金融業界で働く選択する理由があるのか?

金融業界人にとって『香港』と言う都市は非常に魅力的にその目に映る場所であり、デモ …

no image
香港の教育システムの構造とは?

香港現地での教育と言うのは一時期の日本以上にプレッシャーが高いところであると言え …