CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

『香港国家安全維持法』導入から3年経過:影響と現状の分析

『香港国家安全維持法』の導入から早くも3年が経過しました。導入当初の騒ぎは別として、この3年間は一般の日常生活において脅威となるような出来事はほとんど起きておらず、結果的には香港が「平穏を取り戻した」と感じている人々も少なくありません。

しかし、香港(および香港市民)はこれまで「自由」や「人権」の尊重を他の中国の地域よりも享受してきた場所でした。そうした背景から見ると、この3年間が本質的にどのような意味を持っていたのか、疑問が残ることでしょう。口に出すことが難しい前提であるため、個々の人々の内心には戸惑いや複雑な思いがあり、どこかで“捲土重来“の機会が訪れることを期待していると感じていても不思議ではありません。

この記事では、国家安全維持法の施行後の3年間に起こった法律に関連した出来事を取り上げ、それが香港および香港市民にどのような影響を与えたのかに焦点を当てて分析してみたいと思います。

詳しくはCCM香港HP
『香港国家安全維持法』導入から3年:影響と将来展望

 - お役立ち情報, 歴史, 生活, 香港 , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

hand-disinfection-4954840_640
新しい局面を迎えた、香港のコロナ禍対策

香港はこのコロナが発症してからというもの常にその立ち位置としては万全の対策を施し …

no image
平成30年4月1日以降開始年度に影響を及ぼすタックスヘイブン税制の改正

今年の12月14日、国税庁から税制大綱が発表されました。毎年、この時期になると翌 …

tc8nw(noise_scale)(x2.0)(level2)
台風22号(ハイマー)香港接近による休業のお知らせ

現在台風22号(海馬)の接近に伴い、香港天文台が台風警報のシグナル8(T8)を発 …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(1)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

no image
『電子経済』の課税上の課題について

産業の発達と共に、ビジネスの形態も様々な形で変化して来ました。例えば電話やファッ …

no image
香港法人の「閉鎖」について

事業に拡大や縮小と言う目的の中には「設立」や「進出」と言う視点もある反面、「清算 …

no image
香港で快適な賃貸物件発見するには?

香港に赴任をする際にかなり高い順番で「不安」に思われる箇所があるとすれば、それは …

no image
政府機関が宣伝する香港の魅力とは?

ビジネス誘致と言う視点で政府機関の一部として公式に香港のプロモーションを行なって …

monitor-1307227_1920
新コードシステム導入による香港ー中国間の利便性向上と内に潜む懸念

アジアでの「コロナ禍対策&実績」の観点では“勝ち組“国家と“負け組“国家の色分け …

no image
タックスヘイブン地域にない海外子会社にタックスヘイブン対策税制が適用されてしまったら

「タックスヘイブン対策税制」が該当される際にはその定義として税率が①20%未満の …