CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港の持つ“メリット“について考える<2022年/2023年編>

香港と言う地域を最大限活用するには当地の持つ機能を調べ上げ、自社の進出形態と照らし合わせるプロセスは必須です。必要とあれば、日本にも点在する専門家や香港現地への問い合わせが必要となることは言うまでもありません。こうした過程を経ることにより、顧客は当地の持つ魅力とう言うものを徐々に理解して行くことになる訳ですが、同時に(“心構え“として肝要なのは)そこで得た情報というものを最大化するためには、折を見てそれをアップデートして行くということではないでしょうか?

今回は、前半では香港の機能の断面を改めてご紹介することで自分の会社にとって香港の利用価値と方法というものを再整理&再確認、後半では前半の内容(香港のメリット)を引き継ぐ形で今、再び香港と言う地域を最大限活用する際のポイントをご紹介して参ります。こうしたポイントのまとめと言うのは実際に進出の段取りを踏んで行く際、言わば“羅針盤“的な役割を担うことになり、万が一予想外の展開に出喰わすような状況に陥ったとしてもその場で対処出来たり、キャッチアップするスピードが備わっていたり等々・・・多くの点でメリットがあると言っても良いでしょう。では引き続きになりますが、今回も香港の機能を改めてご説明することで、自社にとって香港の利用価値の最大化のお役立てください。

そのチェックの各々には、ひょっとしたら貴方が今まで理解していない点が多々含まれているかもしれません。

詳しくはCCM香港HP
香港活用を”最大化”するには、当地の特色をまんべんなく網羅するプロセスが必須

 - 国際税務, 税務, 設立, 費用, 香港法人 , , ,

  関連記事

no image
海外法人設立個別相談会(無料) 東京銀座にて開催いたします

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
海外法人設立時に良く聞く「ノミニー」とは一体何?

香港だけでなくBVI(英国領ヴァージン諸島)やサモア、セーシェル等の地域や国々に …

東京永田町法律事務所
国際相続や国際税務に関するご相談に専門家が対応

国際相続や国際税務に関する訴訟コンサルタント 日本国内で国際相続や国際税務のご相 …

no image
「納税管理人」の概要と手続きについて

駐在を行うとそれなりの期間、日本の制度の諸々から離れることを意味します。その期間 …

no image
海外進出手法に纏わる税務上の考察点とは?

子会社形態による進出には、いくつかの「定番」と言うものがあります。例えば現地に子 …

no image
香港における慈善機構の設立について

香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別途 …

no image
外国子会社配当益金不算入制度を巡る幾つかの論点

香港やシンガポールなどの軽課税地域・国に現地法人などを持つと、そこで上がった利益 …

seminar_img
オンラインセミナー 香港法人ビジネス活用術<オフショア法人編> 1/24(水)開催

【 香港法人、BVI、セーシェル他オフショア法人設立セミナー情報 】 個人でも法 …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項② ~会計監査はどうしても必要?〜

香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の …

no image
実は海外事情に余り詳しくない、国内の専門家

香港で法人設立のサービスを行って久しい弊社ですが、ご相談事を日本のお客様から受け …