CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港周辺の地域、「マカオ(澳門)」とはどのような場所か?

香港に来られるお客様の中には、スケジュールが許せばフェリーで1時間強先のマカオ(澳門)に足を伸ばされる方々も少なくありません。

マカオと言うところは、香港から西方西60kmほどに位置しており、香港と同じ「特別行政区」と言う括りで独自運営を中国から許されている地域です。香港が中国との比較の際に引用されるフレーズとして「一国二制度」と言うものがありますが、マカオの状況も香港のそれと同じ位置付けであり、故にマカオは“中国にあって、中国ではない”特殊な国と見られる場所のひとつと言っても良いのではないかと思います。

このように中国から見る基本的なスタンスは香港と極似しているマカオではありますが、香港とマカオ自身の違いと言う部分はどのような点にあるのでしょうか?本稿では幾つかの点で両者を比較することで、その違いをご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港HP
香港との比較から分かる「マカオ(澳門)」の特徴とは?

 - お役立ち情報, 生活, 香港生活情報 , ,

  関連記事

no image
香港政府の防疫措置の延長及び一部強化の情報【2021年2月23日時点】

2021年2月23日時点の香港・マカオへの渡航制限、防疫措置情報です。 1 20 …

banner_meeting
次回の海外法人設立個別相談会(無料)は、1月17日(火)/1月18日(水)開催です。

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
【タックスヘイブン対策税制 実体基準の判定について】

香港のような軽課税地域では常に日本の税法、特にタックスヘイブン対策税制の影響下に …

no image
香港における新型コロナウィルス感染症対策最新アップデート1

以前もご案内した情報となりますが、刻一刻と変化するコロナ禍での状況について今年の …

no image
移転価格視点とロイヤルティー視点が重要となる香港

香港はアジアに置いて日本に一番近いタックスヘイブン地域であり、ここに進出する日系 …

no image
香港と同様の「一国二制度」を敷くマカオ(澳門)で何故デモが起こらないのか?

1997年に香港が英国から中国へと返還されたと同時に中国では国の中に2つの社会シ …

no image
中国の個人所得税改正が与える駐在者へのインパクト

海外課税を巡る話になると決まって出て来るような単語(或いは話題)と言うのは居住・ …

no image
何故、会計と税務はこれほど違うのか?〜海外子会社株式の評価減について〜

会計と税務の間には基本的発想と言う点で明確な違いが存在している為、往々にしてその …

no image
源泉徴収と言う視点からみた国際税務

一般的に外国企業が日本において日本のマーケットを利用して何等かの所得を獲得した場 …

no image
本社が海外子会社を支援する際に気をつけること

古今東西、“海外に進出する“と言うことはやはりどの会社にとっても大きなギャンブル …