CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港周辺の地域、「マカオ(澳門)」とはどのような場所か?

香港に来られるお客様の中には、スケジュールが許せばフェリーで1時間強先のマカオ(澳門)に足を伸ばされる方々も少なくありません。

マカオと言うところは、香港から西方西60kmほどに位置しており、香港と同じ「特別行政区」と言う括りで独自運営を中国から許されている地域です。香港が中国との比較の際に引用されるフレーズとして「一国二制度」と言うものがありますが、マカオの状況も香港のそれと同じ位置付けであり、故にマカオは“中国にあって、中国ではない”特殊な国と見られる場所のひとつと言っても良いのではないかと思います。

このように中国から見る基本的なスタンスは香港と極似しているマカオではありますが、香港とマカオ自身の違いと言う部分はどのような点にあるのでしょうか?本稿では幾つかの点で両者を比較することで、その違いをご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港HP
香港との比較から分かる「マカオ(澳門)」の特徴とは?

 - お役立ち情報, 生活, 香港 , ,

  関連記事

no image
香港が纏う 『国際金融センター』 と言う評価軸

毎年春先に発表となる国際金融センターの順位ですが、これを調べる機関によっても順位 …

no image
何故、香港金融業界で働く選択する理由があるのか?

金融業界人にとって『香港』と言う都市は非常に魅力的にその目に映る場所であり、デモ …

no image
中国と英国、「香港」を巡る“駆引き“

中国が昨年の6月30日に香港に対して制定した「国家安全維持法」(以下、“国安法“ …

no image
【 誤解?無理解?私募債とタックスヘイブン対策税制《事例紹介》 】

香港や中国、シンガポールなどで海外ビジネスを推進されている方々の中には『タックス …

no image
国際税務の基本を押さえる為に必要なこと【コーヒーブレイク】

外国進出を行うと言うことはその国での決まり事を確りと押さえた上で慎重に計画を立て …

no image
【コーヒーブレイク】日本の親会社が税務対象となってしまったら

税務対象となった企業はその対応に追われるものです。社長は社長で何時間も拘束され、 …

no image
中国の個人所得税改正が与える駐在者へのインパクト

海外課税を巡る話になると決まって出て来るような単語(或いは話題)と言うのは居住・ …

no image
政府機関が宣伝する香港の魅力とは?

ビジネス誘致と言う視点で政府機関の一部として公式に香港のプロモーションを行なって …

no image
新たな課税検討事項になるか? ~日本の富裕層が迎える受難「出国税(Exit Tax)」~

富裕層をターゲットとする新たな課税枠を政府・与党は検討し始めたようです。 こうし …

no image
今更ながら・・・中国における税務リスクについて

『世界の工場』と言われて久しい中国ですが、最近では日本からの投資も落ち着き、ビジ …