CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

メインボードで超大型IPO、アリババがとうとう結実!

最近の香港を巡るニュースと言うのはその殆どが香港デモに関するものであり、このデモが与える世間への印象は言うまでもなく“ネガティブ”なものばかりで埋め尽くされていました。既に年内のスケジュールまで発表されていることからも分かる通り、まだまだ市民と香港政府(=中国政府)の闘いと言うのは続いて行くこととなります。

この動きが与えた経済的損失は決して少なくないこともある為、一部では香港の金融センターとしての機能の維持にも(多くの影響を与えるだろう)と心配する向きも出ていたのは事実です。しかしながらこうした状況下において、まさに“起死回生”とも言えるニュースが1126日に飛び込んで来ました。

それは、アリババの香港メインボードへの上場です。

詳しくはCCM香港HP
米国をけん制する、アリババの香港メインボード上場の意味

 - お役立ち情報, ニュース, 中国, 政策, 生活, 香港法人, 香港生活情報 , , ,

  関連記事

no image
中国で駐在員が巻き込まれるトラブル(事例紹介)

中国は日本人(駐在員)にとって”合う“、”合わない“がハッキリと分かれる傾向が多 …

no image
国外財産に対する課税範囲の重要な変更点

税制改正と言うのは毎年年末にその内容が公表される形になりますが、今回の変更=『平 …

no image
香港にとっての『2021年』とは、一体どうなるものなのか?

今年も3月に入り、中国では(予定されていた)全人代が開催されています。 「全人代 …

no image
日本と香港で共同プロジェクト「Blue Island憂鬱之島」制作の行方

“表現の自由“と言う観点は西側に居る我々日本人や欧米人にとって当たり前のことであ …

no image
香港と中国における債権回収について

これは日本であろうが海外であろうが一向に変わるものではないのかも知れませんが、企 …

no image
「パートナーシップ」という進出形態について(香港進出)

前回は香港に於いて個人での事業進出を行う場合のメリットやデメリットにフォーカスを …

no image
新型コロナに関する香港政府の防疫措置について

新型コロナウィルスが日本では第三波と言われる段階に入ったと言われている今日この頃 …

no image
特許権を海外子会社に付ける際の注意

通常、中国などに製造拠点の設置を目的とした海外子会社を作る場合、日本の親会社が所 …

no image
駐在者が知るべき税務用語

海外子会社に駐在となる方々にとってその赴任先は様々です。 古くはその主流であった …

no image
香港と世界のジョブマーケットのトレンド

香港と言う地域は人材の流動性と言うものが日本の想像を超えたスピードで展開している …