CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

「コロナウィルス」が呼び起こした“記憶”、香港が経験した伝染病に対峙した日本人たち

28日の各メディアのニュースで多くのヘッドラインを占有したのが「中国から香港へ数万人が殺到」と言うものでした。その概要は、丁度この報道の前日に当たる7日、仕事等を理由として中国本土で暮らす香港人らがこの新型ウィルスの感染域内から逃れる為、大挙イミグレーションに押し寄せ香港側に移動したと言うことなのです。

また数日前となる25日には香港に帰港した大型クルーズ船「ワールドドリーム号」の乗船者約3,700名の中で約30が発熱などの症状を訴えると言うひと騒動が発生(結局その乗船者の内、3名はこの「新型ウィルス」に感染していた疑いが強いとされて病院に搬送)し、事態は刻一刻と深刻化の一途を辿っているかのように見えます。また、こうしたことを助長するかのように世界各国がこの「新型ウィルス」への警戒及び入国拒否などの強行な手段を講じる動きが顕著となる今日この頃、政治やビジネスで深く中国と関わって来た香港は再びこの難題に取り組まなくてはならなくなっています。

「伝染病」と言うのが人間にとって“目に見えない”と言うものである為、これを排除して行くことには長い時間と多くの努力や犠牲が必要なのは言うまでも有りませんが、その昔、香港がこのような伝染病で瀕死の状態に陥った際、日本と日本人医師団が大きな役割を果たしたことがあると言う事実を知っている方々はそう多く有りません。

今回は、【コーヒーブレイク】として1894年に発生した原因不明の伝染病に敢然と対峙した日本人医師達の話をご紹介します。

詳しくはCCM香港HP
香港を伝染病から救った日本人医師

 - お役立ち情報, トラブル事例, 生活, 香港生活情報 ,

  関連記事

no image
香港競馬から見る、コロナ禍における我が国のオリンピック対策の乏しさ

ご存知の通り、東京オリンピックはどうやら“強行開催“の線が強くなったようです。 …

no image
仮想通貨をめぐる税務問題について

話題としては頻繁に出て来る「仮想通貨」ではありますが、一般市民にとって実際にビッ …

no image
輸出実績から見る、日本の 『売り物』 とは?

最近の海外での日本トレンドは様々なものへと広がりを見せています例えばその中には日 …

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務2

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
2016年、大きく変化した銀行口座模様

2016年もあともう数日を残すばかりとなりました。弊社のような海外法人設立を行な …

IMG_5281-0.jpg
【香港ランチ】プリンスホテルでタイ式ビュッフェ

今日はPrince Hotelからのお誘いでランチビュッフェを食べに行きました! …

no image
【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー1

11月19日、既に世間一般でも周知の通り、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン …

no image
国際税務の手法(海外資金還流について)

子会社と本社の間には常に「配当」と「利息」の議論が存在します。特に海外子会社とな …

no image
香港会社法 一部改正のお知らせ

香港の会社の制度を決めている機関と言うのはCompany Registryと言わ …

IMG_7952
モロッコに行ってきました!?

こんにちは。CCM香港スタッフです。 気温が30度を超えて湿度も80%以上!室内 …