CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

「コロナウィルス」が呼び起こした“記憶”、香港が経験した伝染病に対峙した日本人たち

28日の各メディアのニュースで多くのヘッドラインを占有したのが「中国から香港へ数万人が殺到」と言うものでした。その概要は、丁度この報道の前日に当たる7日、仕事等を理由として中国本土で暮らす香港人らがこの新型ウィルスの感染域内から逃れる為、大挙イミグレーションに押し寄せ香港側に移動したと言うことなのです。

また数日前となる25日には香港に帰港した大型クルーズ船「ワールドドリーム号」の乗船者約3,700名の中で約30が発熱などの症状を訴えると言うひと騒動が発生(結局その乗船者の内、3名はこの「新型ウィルス」に感染していた疑いが強いとされて病院に搬送)し、事態は刻一刻と深刻化の一途を辿っているかのように見えます。また、こうしたことを助長するかのように世界各国がこの「新型ウィルス」への警戒及び入国拒否などの強行な手段を講じる動きが顕著となる今日この頃、政治やビジネスで深く中国と関わって来た香港は再びこの難題に取り組まなくてはならなくなっています。

「伝染病」と言うのが人間にとって“目に見えない”と言うものである為、これを排除して行くことには長い時間と多くの努力や犠牲が必要なのは言うまでも有りませんが、その昔、香港がこのような伝染病で瀕死の状態に陥った際、日本と日本人医師団が大きな役割を果たしたことがあると言う事実を知っている方々はそう多く有りません。

今回は、【コーヒーブレイク】として1894年に発生した原因不明の伝染病に敢然と対峙した日本人医師達の話をご紹介します。

詳しくはCCM香港HP
香港を伝染病から救った日本人医師

 - お役立ち情報, トラブル事例, 生活, 香港 ,

  関連記事

no image
「幸福度」ランキング 〜 香港は一体何位?

世の中と言うのものは兎角比較をしたがるものです。その対象となるのは無限にあると考 …

no image
もう一度、香港での法人設立とその運営

近年の海外法人設立の案件をシンガポールと並んで引っ張って来たのは紛れも無く香港で …

no image
『一帯一路』に組み込まれて行く香港

中国国家主席である習近平の壮大な構想によって2013年にスタートした中国の『一帯 …

HKD
香港の紙幣は3種類?

日本から見ると到底信じられないようなことが、一歩外国へ飛び出すと全く&#8221 …

no image
アベノミクスの方向性と2015年、最初の増税

2014年30日に自民、公明両党は2015年度与党税制改正大綱を決定致しました。 …

no image
『電子経済』の課税上の課題について

産業の発達と共に、ビジネスの形態も様々な形で変化して来ました。例えば電話やファッ …

no image
今年の雇用関連条例の変更点とは何なのか?

香港でも労働者の待遇については都度、ハイレベルなステージ(例:立法会等)で審議さ …

no image
タワマン固定資産税 課税方法改正に関するお話し

昨年の12月8日に新しい与党税制改正大綱が公表され、その詳細が明らかになりました …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項② ~会計監査はどうしても必要?〜

香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の …

no image
香港も入るタックスヘイブン地域の特性(1)

当Blogでも何度もご紹介させて頂いているお馴染みのテーマのひとつである「タック …