CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

新しい局面を迎えた、香港のコロナ禍対策

香港はこのコロナが発症してからというもの常にその立ち位置としては万全の対策を施し域内での感染の最小限に抑えてきたと言う印象があります。また実績もその印象をしっかりと“裏付け“するものでありましたが、ここにきて憂慮すべき新しい事態が展開を見せつつあります。

少し遡るとオミクロン変異株が世界で流行を見せ始めていた時、香港域内にはまだかなりの“余裕感“が漂っていました。なぜなら、今までのコロナ禍だけでなく、その後に出て来たデルタ株に対する処方が非常に良い効果を発揮していたからであり、(オミクロン変異株を)警戒はしつつも、香港政府はかなりの自信を持っていたに違いありません。

ところが、今年に入ってこの変異株の最初のケースが域内で発見されるや否や、それは瞬く間に香港を席巻し、今や一日の新規感染者数が驚愕の“3万人超え“と言うような状況に陥っています。

まるで“坂道から転げ落ちる“かのような状況の変化を被ることとなってしまった香港ですが、果たしてこれを早急に払拭するような打開策と言うものを今現在の香港政府は持ち合わせているのでしょうか?

“ゼロコロナ“を標榜する中国 習近平首席の厳命の中において香港の進む道は自ずと限られていることを考えると、ここは世界最高の経済都市の標榜をかなぐり捨てても変異株の抑制に努めて行く必要がここに来て大きなプレッシャーとしてその肩にのしかかっています。難しい選択を迫られつつある当地の現状を今回はご案内します。

詳しくはCCM香港HP
過信が招いてしまった?オミクロン変異株対策に追われる香港の現状

 - お役立ち情報, 新型コロナウイルス , , , ,

  関連記事

no image
香港新会社法、連結財務諸表作成の免除

今回は、香港新会社法379条に定める”連結財務諸表の作成免除&#82 …

no image
タックスヘイブン対策税制とは?

海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ …

no image
移転価格視点とロイヤルティー視点が重要となる香港

香港はアジアに置いて日本に一番近いタックスヘイブン地域であり、ここに進出する日系 …

no image
香港に集まる資本=何故、香港上場なのか?

ファンディング(=資金調達)を行う市場としてアジアで名高いところと言うのはわが国 …

no image
税制大綱発表前にもう一度考える。香港を利用した「節税」-2

「節税」と言う考え方はビジネスで成功している方々や大きな収入を毎年得ている方々に …

no image
香港政府の防疫措置の延長及び一部強化の情報【2021年2月23日時点】

2021年2月23日時点の香港・マカオへの渡航制限、防疫措置情報です。 1 20 …

no image
タワマン固定資産税 課税方法改正に関するお話し

昨年の12月8日に新しい与党税制改正大綱が公表され、その詳細が明らかになりました …

no image
香港政府が発表した“都市開発“とは?

香港にとって、中国に本当の意味で“組み入られる“と言う切っ掛けというのは、まさに …

no image
香港でビジネスを行うと言うこと – 1

ひと言で表すと、ここ数年の政治・経済(産業)の分野に於いて、香港はひとつの“過度 …

no image
香港上場(IPO)手法の中に見られる『裏口上場』とは?

上場起債額が世界でトップと言える香港。上場先はメインボードとGEMボードの二つに …