CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

様々な統治者によって支配を受けて来た香港の歴史

香港の歴史は、中国をはじめとするさまざまな支配者による変遷を経てきました。返還前の英国や一時的ながら占領時代の日本など、香港は多くの統治者によって方向づけられてきたのです。現在、香港は中国のイメージが非常に強いですが、実際には中国だけでなく、他の国々からの文化的な影響も受けました。このことにより、香港は他の中国の地域とは異なる独自の雰囲気を持つようになりました。

実際、香港のような統治者の変更が頻繁に起こる場所は、島国である私たちの国とは対照的です。常に他国と陸続きの状況にあることは、つまり「侵略のリスク」が日常生活の一部であることを意味します。この前提条件は香港とその住民のメンタリティに大きな影響を与えたと言えるでしょう。

今回のBlog では、そんな環境下で今まで歴史を繋いで来た香港のその時々の統治者(=支配者)と、統治者が敷いた施策、またその背景などにフォーカスを当て、それぞれの期間に一体誰が何をどのようにする事で対応して来たのか?と言う視点で考察します。

詳しくはCCM香港HP
香港の歴史を司った数々の統治者たちとその施策の特徴

 - お役立ち情報, 歴史, 香港 , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
香港法人の会計監査まで手が廻らない…?コンサルティングの必要性とは。

香港進出などをされるお客様は、タイプ的に2つに大別されると云っても過言では無いか …

no image
中国と英国、「香港」を巡る“駆引き“

中国が昨年の6月30日に香港に対して制定した「国家安全維持法」(以下、“国安法“ …

no image
【香港を撤退(香港法人を清算)する際の方法について】

香港法人の業績や役割が、当初計画していた目標(値)などを達成出来なかった場合、当 …

no image
香港政府が発表した“都市開発“とは?

香港にとって、中国に本当の意味で“組み入られる“と言う切っ掛けというのは、まさに …

no image
シャドーバンキングに走る香港の住宅購入者

数ある香港の特色を挙げると、その中には必ず世界的に(悪評で知られる)高額な不動産 …

no image
オフショアセンター比較、香港かそれともシンガポールか?

海外進出にはそれぞれの目的があり、それらによって進出先国が変わるのは当たり前のこ …

no image
香港の資産も詳細申告が必要?『国外財産調書』の提出状況

香港やシンガポールと言った、俗にいう“タックスヘイブン地域・国”に資産を持つ日本 …

no image
米国の法人税率引き下げがオフショア市場に与える影響

アメリカのトランプ大統領が自国の法人税率を20%まで引き下げと言う、大統領選キャ …

no image
年末に迫る、「国外財産調書」提出の準備を貴方はどう捉えるか?

平成24年度の税制改正の際に適正な課税・徴収の確保を図る観点から、国外で取得した …

no image
香港ビジネスインフラについて

最近の香港の時事問題と言うのはどうしてもパンデミックの話であるとか国家安全維持法 …