CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

駐在者(及びご家族)が加入する、海外旅行保険について

海外に赴任と言う形になるとその期間に於ける健康上のリスクを言うのは格段に上がります。

それは慣れない環境に身を置く事で体験するストレスからの病気であったり、またアクシデントであったりする訳ですが、そんな時に助けとなるのはこうした事から派生する”経済的損失”を最小限に抑えてくれる保険商品であると思います。

では駐在者(及びご家族)に対する最善の保険とは何か? それはズバリ言って、『海外旅行傷害保険』です。

その名から察する事が出来る通り、この保険のもともとのコンセプトは国内在住者が、海外に旅行する際に被るかも知れない病気や事故を保障すると言う目的で作られました。そしてこの保障期間を1年まで延長させたバージョンとして商品化されたものが、この『海外旅行傷害保険』なのです。 さて、この保険の特徴とは一体どんなものでしょうか?

それをひと言で言うと”最高保障金額”が証券上に明記されていると言う事です。

このポイントとは、証券記載上の保障金額の範囲内であれば、その金額を一気に使用する事も出来るという部分にあります。

よく比較としてあがる医療保険などでは”一日(或いは、一回)単位の給付額”と言うような形でその保障限度額が決められてしまっている為、入院・手術と言った深刻なケースになった場合、病院や医者からの請求金額に対してどれだけ対応出来るのかどうかの見当が付きません。

特に日本人ですと言葉の問題などが恒常的に横たわっているのでどうしても通訳サービスが完備するような私立病院に行く確率が多くなります。

こうした時にこの海外旅行傷害保険に加入をされていると、保険加入者は(経済的にも)安心できる備えがある状態で、最良の医療サービスを受けるる事が出来るという訳です。

勝手知ったる国内の状況とは全く違う海外での活動に一助となるものがこの保険。加入されていらっしゃらない方々は是非ご一考される事をお奨めして置きます。

 

 - 日本, 海外移住・国際

  関連記事

no image
外資系赴任者の社宅を巡る税務的判断

外国に本社を持つ企業が日本国内の子会社の業績に将来性を感じ取り、当初送っていた駐 …

no image
税務署目線で対策を練ることの大切さについて

香港やシンガポールと言った軽課税地域に居住している人やそこで事業展開を計る企業は …

no image
【どちらが優先?中国国内税法と日中租税条約のルールが異なる場合】

日本と中国も他の多くの国々同様、『租税条約』なるものを締結しています。例えば&# …

no image
どうやったら税金は安くなるのか?(海外法人利用の場合)

一部の国や地域は除くとして一般的に企業や個人にとって、「税金」と言うものは避けて …

no image
海外駐在期間が短縮された場合と延長になった場合の対応

駐在の期間変更と言うのは時と場合によって発生する可能性があります。例えば当初、一 …

no image
源泉徴収と言う視点からみた国際税務

一般的に外国企業が日本において日本のマーケットを利用して何等かの所得を獲得した場 …

no image
適用間近となる非居住者口座情報の自動交換制度

非居住者口座情報自動交換制度が始まります。この制度の“適用対象者”と言うのは自国 …

国会議事堂
” 日本法人税税率引き下げ “政策の骨子、ついに固まる

  本日の日経新聞の一面でも大々的に報道されている通り、かねてから審議 …

no image
「香港−日本」を含めたアジア諸国での出入国規制のあれこれ〜

出入国の管理の“厳格化“と言うものは、今回の新型コロナウィルスのようなパンデミッ …

no image
香港での法人設立維持費用には何故業者によってバラツキが大きいのか?

香港に事業進出を検討する際、当然の検討事項として上がるものは法人設立に関すること …