CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港・海外進出時に重要な事と言うのは?

香港のみならず海外進出をされる際はマーケットリサーチを筆頭とした様々な項目を事前に精査して行く事が重要である事は言うまでもありません。

当然、その吟味するべき内容と言うのは多岐に及びますが、往々にして言えるのはマーケティング上の戦略面のみに関心が集中してしまい、現地のルールや国際税務と言った視点での分析については後廻しになると言うようなパターンです。

その結果、そうした企業は稼ぐことに関しては相応の成果を手にする確率は高くなる訳ですが、他方、詰めの甘かった後手の部分に於いて、稼いだ利益を“吸い取られる”と云う憂目に合う事もあります。

『ウチは税務に関しては大丈夫!税理士の先生に確りと監修・指導を受けているから!』

そう言って胸を張る事業主様や経理担当者様はいらっしゃいますが、果たしてそうなのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP 【 二カ国間に跨る会計・税務の盲点 -専門家であるが故に答えられない箇所 】

 - 税務, 税金・税務, 香港法人 , , , ,

  関連記事

no image
【香港の会計士の数を構成する理由とは?】

香港の公認会計士協会に登録している公認会計士の数は3万人を超えています(2015 …

no image
香港における減資、合併、任意清算について

香港に進出をする企業数はここ数年、“平均化”する傾向を示しています。一時期は口座 …

no image
日本の生命保険に関する税法上の違いとは?

昨今では国を跨る様々な法的規制の整備や商品提供を行う側の商業的な目的が優先されて …

no image
“追徴課税”と言う打ち出の小槌

本日のニュースで、住宅建材大手トステムの創業者(2011年死去)の長女が東京国税 …

no image
【 東京23区内居住と相続税 】

今年の1月から相続税の最高税率が引き上げられたり、控除枠が縮小する事によって税収 …

no image
ここ数年から見る香港の将来

1997年に返還されて以来、香港は中国に対して一定の独立性の維持を約束されながら …

no image
今更聞けない香港のビジネス基礎事項⑧~会計基準および会計制度

香港の会計制度は、基本的に国際会計基準(IAS)を準用しています。 この準用した …

no image
海外子会社同士を合併させようとした場合に気をつけなくてはならない税法

海外のオペレーションは進出国のビジネス事情などを折りに付け確認しながら方向性に“ …

no image
インタラクティブ・ブローカーズ証券(IB証券)香港で法人用投資口座を開設するには?

日本居住者が海外の証券口座を開設したい場合の選択肢として、香港のInteract …

no image
JETRO分析資料からみた香港における「スタートアップ」事業の近況

定期的なリサーチ資料として各産業界からも重宝されているJETRO(ジェトロ/日本 …