CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港の雨傘運動、この4年は何だったのか?

香港が中国からの圧力異議を示す形で市民間に拡がった2014年の「雨傘運動」、別名、“雨傘革命“(或いは“香港反政府デモ“と呼ばれたあのレジスタンスから今年で約4年が経過しようとしています。

この運動が香港市民の大規模な動きとして表出したのは2014年9月26日のことであり、主に街頭座り込みを香港の中心地の道路、或いは行政府ビル等の手前で行うことで(一時的に)その機能を停止させることに成功した訳ですが、あの騒動から4年が経った2018年の現在、香港はどのように“変化”して来たのでしょうか?

年々、”中国化“が懸念されているこの地ですが、今後、香港が一体どのような方向への舵取りを行うのかが気に掛かるところではあります。

日本の企業及び個人レベルでも何かと接点が多いこの香港、今後の立ち位置を本稿では考察して見ましょう。

詳しくはCCM香港HP
“4年前の傷痕”を引き摺る香港の代償

 - ニュース, 香港 ,

  関連記事

Hong_Kong
香港-2016年のGDP成長率は?

欧米系銀行を筆頭とした香港の金融機関の来年の香港GDP見通しは、一様に悲観的なも …

no image
香港の教育システムの構造とは?

香港現地での教育と言うのは一時期の日本以上にプレッシャーが高いところであると言え …

no image
香港、史上初のロックダウン導入

欧米各国では新型コロナの再拡大を受けて様々な国で「ロックダウン」が実施されていま …

no image
「コロナウィルス」が呼び起こした“記憶”、香港が経験した伝染病に対峙した日本人たち

2月8日の各メディアのニュースで多くのヘッドラインを占有したのが「中国から香港へ …

no image
香港人の「本音」は一体どの方角を向いているのか?

何処でも、そして何時でも世の中を牽引する層というのは若者です。それは香港でも例外 …

no image
香港政府主導でスタートした観光プロモーション活動と財政支出

香港にとってここ数年の受難は各方面に影響を与えることになりました。その多くは一般 …

no image
“超法規的権限”を手にしてしまった行政長官

10月初旬、香港政府は2つの重要な法律を可決しました。1つは立法手続きを省略する …

no image
日本と香港で共同プロジェクト「Blue Island憂鬱之島」制作の行方

“表現の自由“と言う観点は西側に居る我々日本人や欧米人にとって当たり前のことであ …

no image
好景気の表れ?香港政府の財政予算案

今年の2月28日、香港の財政長官である陳茂波(Paul Chan)氏は2018/ …

no image
香港人が“英国人”になる可能性とは?

香港デモを巡る情報や噂は様々なものがこの数カ月の間で出されて来ました。香港の行政 …