CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

追悼 安倍元総理が中国に対して遺したもの

2022年7月8日、参議院選挙の為に支援の街頭演説を行なっていた安倍晋三元総理大臣が狂信者の凶弾に倒れました。その死は世界中に瞬時にして報道され、日本はかつてない程の衝撃に包まれ、社会的動揺に苛まれています。各国を代表する人物、特に我が国にとっては社会システムを筆頭として半ば“対極に位置するような国の国家元首であるウラジミール・プーチン大統領や中国の習近平国家主席からも弔辞が亡き元首相のもとに届くなど、世界は一旦、我が国の偉大な元宰相の衝撃的な死を契機に休戦したかのような状況へと陥っています。

香港の新しい行政長官である李家超(John Lee)氏も「深い哀悼の意を表する」と弔意を表明し、続けて「安倍氏の首相在任期間、香港と日本は緊密な協力関係を維持し、経済、貿易、観光、文化などの分野で活発に交流して積極的な進展を遂げた。香港の政府と市民を代表し、安倍氏のご遺族に心からのお悔やみを申し上げる」と言うコメントを発表しています。今回は奈良で起きた衝撃的な銃撃により志し(こころざし)半ばに倒れた元首相が(香港を含めて)取り組んで来た対中政策の概要について、改めて振り返ろうと思います。

詳しくはCCM香港HP
中国とのやり取りに見る安倍晋三という政治家の軌跡

 - 中国, 香港 , , , ,

  関連記事

no image
米中対立の展開の“鍵“を握ることになる香港

「中国国家安全法」が全人代で承認されてからと言うもの、香港を取り巻く状況と言うの …

no image
香港を道具としてバランスを取る英国と中国

1年前のことになりますが、英国政府が香港人の救済を目的としてBNO(英国海外市民 …

no image
“コロナ“が香港経済に与えている影響について

これは何も香港だけに限った話ではありませんが、やはりこの一年、世界中を席巻した新 …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …

no image
香港における新型コロナウィルス感染症対策最新アップデート1

以前もご案内した情報となりますが、刻一刻と変化するコロナ禍での状況について今年の …

no image
香港の教育システムの構造とは?

香港現地での教育と言うのは一時期の日本以上にプレッシャーが高いところであると言え …

no image
現在の金融市場の趨勢から香港とシンガポールの将来の展望を考えるとどうなるか?

ニューヨーク、ロンドンに続く形で世界第3位の国際金融センター、あるいはアジア圏随 …

no image
独断と偏見で選ぶ、香港の『2019年10大ニュース』-1

1年の終わりになると必ず取り扱われるテーマの中に「◯◯◯◯年の10大ニュース」と …

no image
香港、史上初のロックダウン導入

欧米各国では新型コロナの再拡大を受けて様々な国で「ロックダウン」が実施されていま …

no image
香港に於ける「個人情報」の取扱いについて-1

昨今は国を問わず個人に関する情報と言うものに対して人々の意識は鋭敏になって参りま …