CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

異常値更新?世界一住宅価格が高いところ(=香港)の内情

香港を知る人にとってはむしろ当たり前過ぎて真新しいと評されるような題材ではありませんが、「住宅価格の高さ」と言う軸で世界中の主要都市を比較すると、必ずTOP3に入ってしまうのがこの地域です。ある意味では“高額=ステイタスがある”と言う見方も出来なくは無いですが、大半の庶民にとってはむしろこうした現状と言うのは経済的な圧迫を一層煽るような側面だけにしかならず、何の見返りすら見出せないと言うのが本音・実感なのではないでしょうか。

先般、世界最大規模の不動産サービス会社(及び投資会社)のひとつであるアメリカのCBREが、世界35の主要都市における個人住宅市場について発表した調査レポートによると、案の定、大方の予想通り香港の平均住宅価格が依然として世界一高いのだと言うことが分かりました。投資に対する多少に比して“リターン”が豪華絢爛そのものであるならばそれはそれで正当化するに足る理由となるのかも知れませんが、香港の住宅事情と何百万ドル投資しても得られる物件と言うのは場所(例:ミッドレベル)によっては“四畳一間”言うのはまさに“世界最悪”のレベル。

本稿では上記レポートが映し出す香港の“酷状”をご紹介します。

詳しくはCCM香港HP
高過ぎる住宅価格、国際金融センター香港の“ボトルネック”

 - お役立ち情報, 生活, 香港生活情報 , ,

  関連記事

no image
もう一度、香港での法人設立とその運営

近年の海外法人設立の案件をシンガポールと並んで引っ張って来たのは紛れも無く香港で …

no image
日本から脚光が当たり始めた香港の移転価格税制

結論めいた形の話を最初から言うと、数ある税制度の中で「移転価格」と言う分野につい …

no image
世界(アジア)は何故、このBEPSプロジェクトを推進することになったのか?ー1

昨今の租税を巡る国際的なムーブメントの中で特に重要なものと考えられている動きと言 …

HSBC00
“難民化”しつつある、昨今の銀行口座開設希望者事情

既にこのCCM香港のコラムでも何回にも渡って昨今の香港での銀行口座開設事情の変化 …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項② ~会計監査はどうしても必要?〜

香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の …

no image
海外進出日系企業が抱える資金面・事業面での課題とリスク

企業の海外進出に於けるその「目的」は、つい10年ほど前まで支配的概念であった「現 …

香港金融管理局
香港金融管理局 米金利に合わせ政策金利を25bp引き上げ0.75%に

米連邦準備理事会(FRB)の約10年ぶりの利上げを決定受けて、香港金融管理局(H …

no image
米国が決めた「香港人権・民主主義法案」が与えるインパクトとは?

香港の状況と言うのはやはり2014年の雨傘運動の時と同様、外(国諸国)から見てみ …

yajirushi
国税庁が行なった租税条約に基づく情報交換事績の公表

国が推進している重要な施策のひとつに外国との租税条約と言うものがあります。これか …

no image
駐在者が知るべき税務用語

海外子会社に駐在となる方々にとってその赴任先は様々です。 古くはその主流であった …