CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港と同様の「一国二制度」を敷くマカオ(澳門)で何故デモが起こらないのか?

1997年に香港が英国から中国へと返還されたと同時に中国では国の中に2つの社会システムを持つ、所謂「一国二制度」がスタートをすることになりました。香港と中国間でこの制度を巡るやり取りで発生した“軋轢”は、今や世界中から注目を浴びる形になってしまっていますが、実はこの制度下の中では香港と同じような形で運営を行なっている地域がもうひとつあります。それは香港からフェリーで約1時間ほど言ったところにある地域、「マカオ(澳門)」です。

本稿では、香港と同様にこの「一国二制度」を“移植された”筈のこのマカオ(澳門)で、何故、香港のような激しい反応が全く起こっていないのか?と言うことについて考察を行いたいと思います。

詳しくはCCM香港HP
「一国二制度」と言う社会システム下でここまで違う「香港」と「マカオ(澳門)

 - お役立ち情報, ニュース, 中国, 現地事情, 生活, 香港生活情報 , , , ,

  関連記事

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

no image
コーポレートトレジャリーセンターから法人税率半額に至る香港の事情

香港は海外に対して非常に低い法人税率や所得税率を提供し、かつ様々な環境要素を整え …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項③ ~ 香港進出をする3つの形態のメリット・デメリット ~

香港には様々な使い道がありますが、今回はその進出の形態とその際のメリット&デメリ …

no image
香港での「解雇」について

米中貿易戦争の影響や長期化しているデモの影響もあってか、最近の香港市場から出て来 …

banner_meeting
次回の海外法人設立個別相談会(無料)は、1月17日(火)/1月18日(水)開催です。

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
中国における短期滞在者免除とは?

国際税法に触れるとその中で必ず出て来るものの内の一つに出張者の滞在日数を巡る部分 …

no image
香港法人の清算について 2

◇ 「香港法人の精算について 1」はこちら ◇ ◆ 3)債権者による自動清算 ( …

no image
海外設備を貸与する場合の税制について

海外への進出についてはその目的に応じて準備して置かなくてはならないもの(こと)は …

no image
香港における減資、合併、任意清算について

香港に進出をする企業数はここ数年、“平均化”する傾向を示しています。一時期は口座 …

no image
香港で解雇された場合の補償金とは?

景気動向や従業員の業務上のパフォーマンスなどを原因として、会社から解雇を言い渡さ …