香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

最新記事

戦後、経済成長期、また昨今の状況やこの先も「海外」と言うマーケットは日本にとって...
 
外国から見る「日本」と言うのは様々なものがあります。例えば長く海外滞在をするよう...
 
本Blogでも度々取り上げているテーマとなりますが、元日産自動車の会長であったカ...
 
香港を世界に名だたる「国際金融センター」と評価させている最大の要因は一体何でしょ...
 
変化が著しい最近の香港。今から去ること2年前の2017年、中国への返還20周年を...
 
英国のシンクタンクのひとつであるZ/Yenグループの統計結果に寄ると、自社が標榜...
 
昨年の12月24日の週の株価は、ニューヨークダウの乱高下から日経平均株価も乱高下...
 
毎年発表される税制改正と言うものは、過去に起こった事例などからの改善点を盛り込み...
 
自民党による平成31年度の税制改正大綱が昨年の12月14日に発表されました。この...
 
最初から「結論」を申し上げる形となりますが、どうやら香港の2019年の経済の見通...
 
香港IDの歴史を紐解くとその最初は1949年にまで遡ることになります。この年、中...
 
例年この時期になると税務業界は色めき立つ時期へと入って参ります。その理由は国税庁...
 
海外及び日本の税務上の視点で言う「恒久的施設」とは、事業を行う一定の場所等のこと...
 
つい最近まで日本に於いて"企業買収"と言う言葉の響きについて好意的に捉えられる向...
 
先月の11月19日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕されました。逮捕容疑は...
 
まさに青天の霹靂(へきれき)とでも形容したら良いのでしょうか、日産自動車の会長で...
 
人の中には必ず「比較」と言う概念が存在します。仕事から趣味、或いは友人の間や家族...
 
タックスヘイブン税制に関する内容の改正は今後企業の税務上のコンプライアンスに係る...
 
軽課税地域に所在する法人にとって、"鬼門の税制"といつも考えらているものが「タッ...
 
去る10月23日開催された税制調査会の国際課税関係の会議資料の項目の中に、今やト...
 
> 知っているからこそ対策が打てる、海外現地法人等との『税務的』戦術1「税務調査...
 
国際的な目線での税務調査も国内の税務同様、幾つかの定型的な切り口と言うものがあり...
 
<概要>日本の居住者Aさんは、自身の父と兄の3人でシンガポール法人を設立し、それ...
 
日本の企業でもの香港での成果は悲喜交々(こもごも)...自由経済市場での競争とな...
 
『一帯一路』と言う中国最大の国家プロジェクトをベースにして香港の立ち位置を見て行...
 
ご存知の通り、香港では多くの多国籍企業が関連会社に対する地域統括機能並びにファイ...
 
昨今のビジネスシーンは電子メールを筆頭としたネット環境の著しい発展の影響を受けた...
 
ビジネス上のテコ入れはどこの国や地域でも常に検討され、また導入されていくものです...
 
伝え聞くところですと、オーストラリアの法人税の税率は30%(一定の売上しかない小...
 
2018年8月31日、中華人民共和国所得税修正案が可決し、来年の1月1日から導入...
 

▲ページのTOPへ

スマホサイトを表示