香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

最新記事

日本同様、中国にも日本と同様に「社会保険制度」なるものが存在しています。弊社に寄...
 
"士業"と言うカテゴリーの職業は、その資格取得の難易度などから世の中の方々、特に...
 
6月16日のマスコミ各誌の報道では、ハローキティのライセンスを所有するサンリオが...
 
香港の法人税率は16.5%であり、アジア諸国の中で比較をすると断トツの低税率を誇...
 
昨年の5月13日、『タックスヘイブン税制』が適用されている居住者が、海外の子会社...
 
海外での手続きの類(たぐい)は日本から見ているとどうしても分からない(或いは想像...
 
香港には世界的な教育文化機関であるユネスコ(United Nations Edu...
 
日本でもアメリカでも、そして香港でも、刻一刻と変化する金融市場や経済、政治状況な...
 
夏休みに心を踊らせる方は古今東西、老若男女を問いません。今回は"観光"としての香...
 
アジア圏は元より世界の国々にとっても香港と言う地域は、中国の南側(華南地域)の"...
 
香港では日本でも考えられない程の極小集合住宅の価格が、最高50万ドル(約5540...
 
英国の植民地であった香港が、中国の中に正式に組み入れられた日が1997年7月1日...
 
香港進出の手順から申し上げると、まずは香港進出の形態について充分な理解をして置く...
 
香港駐在員にとって香港の納税制度の点で頭に置いておかなくてはならない事と言うのは...
 
海外にある現地法人に自社社員を駐在員として送る場合、想定される各種費用というのは...
 
雇用保険と言うのは失業時に一定の期間に渡って失業者の所得をサポートするものですが...
 
弊社ではより多くの方々(特に経営者の方々)に海外法人を利用した形でのベネフィット...
 
これまで、ビットコインの購入や譲渡(代金の支払のための使用)は、日本の消費税法上...
 
国際取引において源泉徴収が必要な所得源泉ととその種類と言うものは、考え方として先...
 
支店として進出する企業数は実のところ、数としては余り多く有りません。事実として香...
 
昨今のトレンドとしてM&Aを行うことで戦略的に海外へ進出する、あるいは海...
 
公示地価とは国土交通省が毎年1月1日時点の全国に定めてある"標準地"の価格を1㎡...
 
日本に恒久的施設がない法人や個人であっても、日本法人の株式を売却した場合には、日...
 
"183日ルール"は、その正式名称として『短期滞在者免除』と言われています。日中...
 
海外で遭遇する事故例と言うのは非常に数多く存在する為、対策を練る側にとっては厄介...
 
海外駐在をされる方にとって保険の存在は非常に重要です。何故なら赴任先の国の医療技...
 
日本の給与体系というのを改めて客観的な視点で眺めて見ると、それが「総額」前提とな...
 
日本だけでなく、国際税務を取扱う際に非常に重要な概念と言うのは、進出する国に設置...
 
来月の1日から正式に施行される事になる『平成29年度 税制改正大綱』の内容ですが...
 
一般的に言うと、中国だけでなくアジアに於ける駐在の方々は(リスク管理などの面から...
 

▲ページのTOPへ