香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

最新記事

香港やシンガポールと言ったオフショア地域・国には日本から移住をして来られた富裕層...
 
日本国内ではある時期、不動産仲介業者などが中心となってタワーマンション購入を(富...
 
この20年近くの間、中国は世界に類を見ないスピードで発展を遂げて参りました。その...
 
香港やオフショアなどを対象とした海外法人設立業界に置いて今年"最大のニュース"と...
 
金融マーケットでは、お客様と会社の間でその会社が販売する(=したい)商品の介在を...
 
質問:弊社はグループとして海外展開、特に今まで主要取引先メーカーなど意向もありア...
 
質問:小規模で香港進出している我社にとっては現地法人の会計担当に辞められると非常...
 
質問:弊社香港現地法人がアウトソース先として毎月決算書作成をお願いしていた香港の...
 
タックスヘイブン対策税制と言うものは、ひと言で申し上げると低税率の国・地域に日本...
 
高層マンション(=タワーマンション)の価格については、一般的に販売業者の販売予定...
 
海外投資の手法の一つとして外国不動産に対する投資を行うことは以前から日本の様々な...
 
2016年11月8日は、ひょっとしたら世界の分岐点となるような日として人々の中に...
 
現在、日本では、ビール類の酒類として、"ビール"、"発泡酒"、そして"第三のビー...
 
本部をフランスのパリに置くOECD(経済協力開発機構)は、先進諸国などからの要請...
 
香港法人を設立し経営をして行く中では様々な問題が発生します。それは例えば多国間を...
 
日本の国税の"海外先兵"となるのは国税庁国際業務の職員(通称:国際調査官)です。...
 
中国の外貨管理局には人件費の立替送金に関する規制が存在しています。『多国籍企業の...
 
アップルの敷いた各国の税法の穴を掻い潜る特殊スキームと言うのは、国際税制の中で『...
 
全般的な総括をすると、2015年の香港経済は"プラス成長を維持していた"が、結果...
 
去る6月3日及び7月1日の日程で経済協力開発機構(=OECD)租税委員会の会合が...
 
香港で働く方々にとっても所得に掛かる税金の取扱いはとても重要な一年の行事です。日...
 
中国と日本の税法はその解釈から課税方法まで様々な点で取扱いが違います。国が違う訳...
 
香港駐在を行って一年を過ぎようとする段階となると、当地のルールに従ってご自身の給...
 
中国で所得を得るのは中々大変な事です。それは何故かと申し上げますと、中国では日本...
 
ひとつのゲームが、まさに世界規模の大ブームとなって世の中を席巻しているNiant...
 
香港で法人設立を行い、ビジネスをすることのメリットは非常に数多くあります。具体的...
 
国税組織(国税庁、国税局、税務署)の事務年度は毎年7月1日から翌年の6月末である...
 
国税局や税務署でも民間企業などと同様に『異動の季節』があります。国税組織(国税庁...
 
"残留"か"離脱"か...まさに先週から今週に掛けて世界は英国を中心としたこの"...
 
香港で従業員(会計担当)を雇う場合、予算感としてはやはり日本円にして30万円程度...
 

▲ページのTOPへ