香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

法人

例えばですが、今では中国などでも日本人を"現地採用"することは珍しいことではあり...
 
支店として進出する企業数は実のところ、数としては余り多く有りません。事実として香...
 
昨今のトレンドとしてM&Aを行うことで戦略的に海外へ進出する、あるいは海...
 
金融マーケットでは、お客様と会社の間でその会社が販売する(=したい)商品の介在を...
 
国税組織(国税庁、国税局、税務署)の事務年度は毎年7月1日から翌年の6月末である...
 
国税局や税務署でも民間企業などと同様に『異動の季節』があります。国税組織(国税庁...
 
今から一年ほど前の2015年8月、ドイツの南ドイツ新聞(Süddeutsche ...
 
昨今の日本人幹部は積極的に海外、特に政治的に軋轢があるような地域である中国や韓国...
 
日本の法人税が今年から(昨年までの30%超の状況から)とうとうその基準値の引き下...
 
海外事業と言うのは経営者にとってとても大きな決断のひとつと言えます。海外進出をす...
 
アジア一の自由市場である香港は、日本のお客様にとっても魅力的な海外進出対象地域の...
 
海外投資目的で香港やオフショア・海外に会社設立される方々にとって留意すべき点は幾...
 
"APA"と呼ばれるスタンスが海外拠点を持つ企業の間では年々重要になって来ている...
 
本社、特に本社が提供する機能の海外への移転に関しましては昨今様々な企業様の間で...
 
日本国内のみで業務をしている中小企業様に対して中国・東南アジアのゲートウェイであ...
 
【質問1】 日本ですでに登録を済ませているが、香港でも権利が保護されますか? ...
 
御存知のようにBVI法人とは、イギリス領ヴァージン諸島域内で設立された会社の事...
 
日頃承る質問の中でも多いのが表題のマーケットの比較であり、今回は下に挙げるいくつ...
 
アジアで香港と並ぶ人気マーケットと言えば、一にも二にもシンガポールが挙げられます...
 

税務

アメリカのトランプ大統領が大統領選の時から掲げていた公約のひとつである"大幅な減...
 
海外に製造子会社を作ることで、より効率的なコストコントロールの実現を目指す企業は...
 
日本の税負担の軽減を図る方で海外在住の方が一番神経を使うのは自身が日本から見て居...
 
東京国税局は今年、新しい局長を迎えることとなりました。こうしたトップの刷新と言う...
 
"出国税"とは、その正式名称として「国外転出時課税制度」のことを言います。この税...
 
海外にある現地法人に自社社員を駐在員として送る場合、想定される各種費用というのは...
 
国際取引において源泉徴収が必要な所得源泉ととその種類と言うものは、考え方として先...
 
日本に恒久的施設がない法人や個人であっても、日本法人の株式を売却した場合には、日...
 
日本だけでなく、国際税務を取扱う際に非常に重要な概念と言うのは、進出する国に設置...
 
高層マンション(=タワーマンション)の価格については、一般的に販売業者の販売予定...
 
2016年11月8日は、ひょっとしたら世界の分岐点となるような日として人々の中に...
 
日本の国税の"海外先兵"となるのは国税庁国際業務の職員(通称:国際調査官)です。...
 
アップルの敷いた各国の税法の穴を掻い潜る特殊スキームと言うのは、国際税制の中で『...
 
ひとつのゲームが、まさに世界規模の大ブームとなって世の中を席巻しているNiant...
 
グローバル経済となった現代のビジネスシーンでは様々な会社が様々な国へ進出を行いま...
 
日本や米国と言う先進国は『オンショア』と言われる国々です。これは標準税率がある一...
 
近年、海外法人設立を行なう事で何等かの香港で節税を行ないたいとお考えになられるお...
 
国税当局には実際に税務調査に入る際の手順と言うものが存在しています。それは「準備...
 
「資産フライト」と言う言葉に代表されている訳ではありませんが、個人への負担が一層...
 
平成27年税制改正で、非居住者に係る金融口座情報自動交換が2018年から実施され...
 
鳴り物入りで導入が発表されたこのマイナンバー制度。既に今年の10月20日からこの...
 
2015年12月3日付、国際版(アジア)日経新聞の報道によると、遂に自民、公明両...
 
2015年も年の瀬に迫ったこの時期は、例年、税制などを筆頭とした幾つかの重大な変...
 
税制改正の度に続々と税務当局から出される制度や調書は国民を辟易させるものです。 ...
 
弊社投稿記事に連動するような記事がここにも。 今後の"節税スキーム"には、また大...
 
"BEPS"。国際税務を語る時、この略語は頻繁に登場します。では一体何を意味して...
 
香港やシンガポールなどに海外法人設立を行いますと、その税率から移転価格の問題やタ...
 
9月1日付けの日経一面に、同上のタイトルで「 G20及びOECD(経済協力開発機...
 
日本も消費税が5%から8%へと上昇し、そして2017年4月にはとうとう大台の10...
 
香港やシンガポールなどの軽課税地域・国に拠点を置く場合、進出形態として(それが一...
 
今から約15年ほど前、"海外居住"を相続税対策として活用したケースにおいて、日本...
 
今年の1月から相続税の最高税率が引き上げられたり、控除枠が縮小する事によって税収...
 
海外法人設立ご相談の中で、お客様の事業として話が頻繁にあるケースと言うとインター...
 
前回の配信では海外に移住される親族について日本で扶養控除や配偶者控除等の適用を受...
 
海外に居住する親族について日本で扶養控除や配偶者控除等の適用を受けたいと思われる...
 
【🔶出国税の申告納税の時期と時価の算定時期】出国税の申告納税の時期と時価算定の時...
 
来月7月1日から、あの『出国税』(=海外移住税)が適用されることになります。 こ...
 
今回は平成27年度の税制改正に於ける国際的租税回避に関する「動き」がございました...
 
今回は『脱税』と『脱税回避行為』に関してご案内です。 ◆『脱税』『脱税』とは、納...
 
『税制調査会』とは日本の内閣府の審議会等の一つです。内閣総理大臣の諮問に応じて、...
 
日本の税務調査の基礎知識の第三弾(今回で3回シリーズ終了)として国税庁による調査...
 
日本の税務調査に関しての基礎知識として、今回は組織別の調査をご案内させて頂きま...
 
「税務調査」と聞いてそれを好意的に捉える方々は世の中に余り居ないでしょう。 実...
 
個人の海外税務において頻繁に出るキーワードのうちの一つは『183日』と言う言葉で...
 
税制改正と言う手段を使用出来るポジションから見る世の中の風景は恐らく相当(課税...
 
海外子会社に駐在となる方々にとってその赴任先は様々です。 古くはその主流であった...
 
2015年1月から開始予定の相続税増税により、相続税の対象者が急増することが予想...
 

一般

日本国が設定する労災保険の補償範囲は、全世界補償と言うものではなく国内対象オンリ...
 
海外と言う視点でビジネスを眺めた場合、そこには日本からの必ず駐在者や出張者と言っ...
 
日本の個人金融資産額や富裕層と言われる方々の数は年々増加をしています。元々国民性...
 
6月16日のマスコミ各誌の報道では、ハローキティのライセンスを所有するサンリオが...
 
香港では日本でも考えられない程の極小集合住宅の価格が、最高50万ドル(約5540...
 
雇用保険と言うのは失業時に一定の期間に渡って失業者の所得をサポートするものですが...
 
弊社ではより多くの方々(特に経営者の方々)に海外法人を利用した形でのベネフィット...
 
これまで、ビットコインの購入や譲渡(代金の支払のための使用)は、日本の消費税法上...
 
公示地価とは国土交通省が毎年1月1日時点の全国に定めてある"標準地"の価格を1㎡...
 
海外駐在をされる方にとって保険の存在は非常に重要です。何故なら赴任先の国の医療技...
 
来月の1日から正式に施行される事になる『平成29年度 税制改正大綱』の内容ですが...
 
今回ご紹介する事例と言うのは、東京高裁にて平成28年1月28日に判決が出されたも...
 
海外へ人を派遣する際、その基準点となるものは兎にも角にも『居住』と『非居住』の取...
 
毎年この時期になりますと観光庁から来日外国人数の発表があります。経済を押し上げる...
 
トランプ政権が公約しているものの中には米国国内の法人税率の改定があります。現在の...
 
香港やオフショアなどを対象とした海外法人設立業界に置いて今年"最大のニュース"と...
 
海外投資の手法の一つとして外国不動産に対する投資を行うことは以前から日本の様々な...
 
現在、日本では、ビール類の酒類として、"ビール"、"発泡酒"、そして"第三のビー...
 
去る6月3日及び7月1日の日程で経済協力開発機構(=OECD)租税委員会の会合が...
 
"残留"か"離脱"か...まさに先週から今週に掛けて世界は英国を中心としたこの"...
 
この2ヶ月もの間、世界が共通の衝撃を持って迎えた出来事。それが南米パナマを拠点と...
 
2ヶ月前の2月18日、最高裁判所は東京国税局(以下、"国側")が行なっていた上告...
 
旧正月明けの最初の週となった2月14日、英金融最大手であるHSBC(HSBCホー...
 
海外在住者にとって自身の居住判定は納税の際の最大の焦点です。特に香港やシンガポー...
 
日本政府観光局はこのほど2015年来日外国人数を発表しました。近年の傾向は顕著に...
 
来年1月からいよいよスタートするこのマイナンバー制度ですが、10月後半から一斉配...
 
財務省によると、今年の6月までの一年間で金密輸の発覚件数がそれまで最高を記録して...
 
セオドールジュニアチーム 岡村タケル選手   第6戦は4位入賞!!! 2015...
 
CCM香港がスポンサーをしている『THEODORE RACING』の岡村建選手が...
 
既に周知されているように、2017年4月以降、消費税の税率が8%から10%に引き...
 
マイナンバーの通知が目前に迫って参りました。スケジュールとしては2015年10月...
 
海外でも国内でも会社を成長させる際に重要な項目はいくつもあります。そんな中でも会...
 
相続税や法人税、或いは所得税と言った各種税額の算定には、時価評価額に触れる部分が...
 
2007年5月中旬に突如発生した企業買収を巡るこの事件、米系投資ファンド会社ステ...
 
折からの円安効果と言うべきなのか、昨今では海外から日本に観光に来る外国人の数が非...
 
富裕層や起業家の方々を問わず、香港やシンガポールなど海外に移住をして来た日本人の...
 
日本国憲法では、日本人は外国移住や国籍離脱の自由が認められています。 昨今の(国...
 
◆海外居住者の取扱いについて マイナンバー制度施行となると、その対象となられる可...
 
既に何度も取り上げているテーマですが、今回から2回に渡って改めてマイナンバー制度...
 
国際金融センター ~香港・中国ビジネス活用法~『香港法人設立セミナー』 お客様に...
 
消費再増税の時期が参院本会議で遂に可決と言う運びになりました。 昨年の景気に...
 
2015年の税制改正大綱に盛り込まれていた『出国税』。 日本の財政収支が昨年(2...
 
4月14日(火)と15日(水)の2日間、朝の10時から終日(夕方5時30分まで...
 
マイナンバー法案改正によって、銀行預金口座にまでこの番号を紐付けて行くことが決定...
 
既に巷を騒がしております英銀HSBCホールディングス・プライベートバンキング部...
 
CCM香港では日本に居ながら海外法人を設立し、日本語サポートが受けられる法人口...
 
1月11日(日曜)、香港Lam Tin地区 晒草灣棒球場にて今度は香港リトルリー...
 
CCM協賛−原辰徳読売巨人軍本日、香港時間1月11日の午後5時から約一時間半に...
 
経営に横たわる問題点を瞬く間に発見し、その解決策を提案するコンサルティング会社は...
 

▲ページのTOPへ