香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

法人

香港の法人税率は16.5%であり、アジア諸国の中で比較をすると断トツの低税率を誇...
 
昨年の5月13日、『タックスヘイブン税制』が適用されている居住者が、海外の子会社...
 
海外での手続きの類(たぐい)は日本から見ているとどうしても分からない(或いは想像...
 
香港進出の手順から申し上げると、まずは香港進出の形態について充分な理解をして置く...
 
香港法人を設立し経営をして行く中では様々な問題が発生します。それは例えば多国間を...
 
香港で従業員(会計担当)を雇う場合、予算感としてはやはり日本円にして30万円程度...
 
昨年の統計実績では香港はIPO起債額が世界ナンバーワンだったそうです。実際、香港...
 
香港で法人設立を行い、経営していく中ではこの地域が企業側に一つの"ルール"として...
 
香港はその昔から貿易上の『ハブ』(寄港地)としての機能を果たして来ました。英国統...
 
海外、例えば香港に親会社がありその子会社が日本にあると言うようなストラクチャーを...
 
その時々の経済情勢を反映しているのでしょうか、香港の法人登記及びライセンス更新に...
 
質問: 香港で企業買収を行なう場合は日本程難しくはないと聞いた事がありますが、果...
 
香港への(事業)進出形態は多岐に分かれておりますので特定は出来ませんが、こと実業...
 
香港で会社設立をされる会社様は会計監査を行う事が義務付けられています。これは香港...
 
香港法人の業績や役割が、当初計画していた目標(値)などを達成出来なかった場合、当...
 
日本から来られる駐在員の方や出張者の方々から聞かれる質問の中には、表題の"減価...
 
日本国内市場に限界を感じ世界へ進出する企業が増えています。 アジアの情報収集を...
 
一年の年度が終了すると、香港で設立をされている会社様は一様に会計監査のプロセス...
 
【 質問 】 日本法人や日本の居住者が株主となっている香港法人の所得について、...
 
既にこのCCM香港のコラムでも何回にも渡って昨今の香港での銀行口座開設事情の変化...
 
香港で法人設立して実際に事業を行って参りますと、"オンショア所得"と"オフショア...
 
Big4の一角であるアーンスト&ヤング会計事務所の報告によれば、2014年、香港...
 
日本本社として中国で現地法人子会社などを構えた際、先ず念頭に置かなくてはならない...
 
アベノミクスの失速などもその背景としてあるのかも知れませんが、冷え込んでいる...
 
◇ 「香港法人の精算について 1」はこちら ◇ ◆ 3)債権者による自動清算 ...
 
香港法における法人の清算とは、法人の業務を閉鎖し、法人の全資産を最初に債権者へ...
 
HSBCで法人口座を開設すると法人用クレジットカードの申請も可能です。 経費...
 
香港の雇用条例によりますと、産休を取得するには、下記の条件を満たしていることが必...
 
企業のサイズを問わず、相談事と言うのはまさに絶える事がありません。一つの問題を...
 
香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別...
 
香港の雇用条例においては、従業員が次の事由に該当する場合、雇用主は雇用契約に基づ...
 
香港を中心として中国などへのビジネスコンサルを生業としております弊社には上記のよ...
 
破産には二つの方法があります。 1)債権者が裁判所に破産申立を行い、未決済の債...
 
香港に会社を設立し、その会社の取締役として就労ビザを申請するには、香港にビジネス...
 
景気動向や従業員の業務上のパフォーマンスなどを原因として、会社から解雇を言い渡...
 
香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、"...
 
今回は、香港新会社法379条に定める"連結財務諸表の作成免除"に関する新しい...
 
香港は市場経済においてレッセフェール(laissez-faire=自由放任主義...
 
お客様が香港法人設立を相談されるとき、よく会計事務所や法律事務所、或いは設立サポ...
 
香港には様々な使い道がありますが、今回はその進出の形態とその際のメリット&デメリ...
 
香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の...
 
香港で法人を設立する際、日本の方々が一様に戸惑われる事のひとつに『会社秘書役(C...
 
国際金融センターと呼ばれて久しいこの香港ですが、ここに進出を果たしている金融機関...
 
以前ほどでなくなったとは言え、依然として企業の『海外進出先』の中で中心的な位置に...
 
海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ...
 
企業の海外進出に於けるその「目的」は、つい10年ほど前まで支配的概念であった「現...
 

税務

"士業"と言うカテゴリーの職業は、その資格取得の難易度などから世の中の方々、特に...
 
香港駐在員にとって香港の納税制度の点で頭に置いておかなくてはならない事と言うのは...
 
質問:弊社はグループとして海外展開、特に今まで主要取引先メーカーなど意向もありア...
 
質問:小規模で香港進出している我社にとっては現地法人の会計担当に辞められると非常...
 
質問:弊社香港現地法人がアウトソース先として毎月決算書作成をお願いしていた香港の...
 
タックスヘイブン対策税制と言うものは、ひと言で申し上げると低税率の国・地域に日本...
 
本部をフランスのパリに置くOECD(経済協力開発機構)は、先進諸国などからの要請...
 
香港で働く方々にとっても所得に掛かる税金の取扱いはとても重要な一年の行事です。日...
 
香港駐在を行って一年を過ぎようとする段階となると、当地のルールに従ってご自身の給...
 
香港で法人設立を行い、ビジネスをすることのメリットは非常に数多くあります。具体的...
 
海外進出を計画する際に中小企業の代表者様や会計担当者様が真っ先に相談を持ち掛ける...
 
海外進出を行う際は、事前に様々な事をリサーチして置く必要があります。香港は非常に...
 
香港で企業活動をすると、その低い税率や緩い会社法を実感することが日常です。これは...
 
香港は世界の国際金融センターとしてその立場をより磐石なものとする為、様々な施策を...
 
タックスヘイブン税制の対象となる外国子会社を含んだ"組織再編成"で注意する点があ...
 
事業活動を行っても法人税によって体力を"奪われる"と云う部分は世界中の経営者達に...
 
香港や中国、シンガポールなどで海外ビジネスを推進されている方々の中には『タックス...
 
HSBCお助け支店ブログで、NHKが放送した預金封鎖の動画がアップされています。...
 
香港では、1(課税)年度に180日以上、又は連続する2(課税)年度において30...
 
香港のような軽課税地域では常に日本の税法、特にタックスヘイブン対策税制の影響下に...
 
昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて...
 
2014年30日に自民、公明両党は2015年度与党税制改正大綱を決定致しました...
 
本日のニュースで、住宅建材大手トステムの創業者(2011年死去)の長女が東京国...
 
一般的に外国企業が日本において日本のマーケットを利用して何等かの所得を獲得した...
 
税金を支払う季節になって来ると、この手の質問が当社にもお客様から来る事が多くな...
 
香港は場所柄、多くの国の方々が自国の課税負担との比較の中で節税を目的とした相談...
 
香港の場合は、日本の申告納税方式ではなく、納税者が申告を行った後に税務局(=I...
 
香港の会計制度は、基本的に国際会計基準(IAS)を準用しています。 この準用し...
 
よく聞かれる質問のひとつに日本における監査意見との違いがあります。何故このような...
 
 自分でリスクを取り、努力し、頭を使って財を築いても、相続が発生すると我が物顔で...
 
香港の法人税が16.5%である事をご存知である方々も最近では増えて参りました。...
 
香港の直接税は僅か3種類のみです。それらは先ず法人税に当たる『事業所得税』であ...
 
FATCA...日本の皆様にとってはひょっとしたら聞き慣れない言葉かも知れません...
 
香港に販売拠点などを置き、中国国内にある生産工場で仕事をされる駐在員の方々や、応...
 
2014年2月26日、香港特別行政区政府の曾俊華(ジョン・ツァン)財政司司長が、...
 

一般

香港には世界的な教育文化機関であるユネスコ(United Nations Edu...
 
日本でもアメリカでも、そして香港でも、刻一刻と変化する金融市場や経済、政治状況な...
 
夏休みに心を踊らせる方は古今東西、老若男女を問いません。今回は"観光"としての香...
 
アジア圏は元より世界の国々にとっても香港と言う地域は、中国の南側(華南地域)の"...
 
英国の植民地であった香港が、中国の中に正式に組み入れられた日が1997年7月1日...
 
日本の給与体系というのを改めて客観的な視点で眺めて見ると、それが「総額」前提とな...
 
香港やシンガポールと言ったオフショア地域・国には日本から移住をして来られた富裕層...
 
日本国内ではある時期、不動産仲介業者などが中心となってタワーマンション購入を(富...
 
全般的な総括をすると、2015年の香港経済は"プラス成長を維持していた"が、結果...
 
日本でお亡くなりになられてしまう方が、例えば海外及び外国の銀行に現金などの資産を...
 
海外生活を始めると、国内では(当たり前...)として気にも留めなかったことが色々...
 
日本では今年に入りマイナンバー制度が本格導入ということもあり、会社や個人という各...
 
HSBCホールディングス(以下、"HSBC")は元々、1865年に香港で業務を開...
 
2016年度に於ける香港のGDP成長率の見通しは、香港に在する各金融機関のレポー...
 
香港は空が霞んでいる日も多く、スカッ!と晴れて青空や夜景がきれいに見える日は少な...
 
弊社では日頃、海外法人設立をサービスの主体としてお客様にご案内していますが、その...
 
HSBCでの銀行口座開設の難易度に対してご心配をされる方々が昨今では多いのですが...
 
先月の話になりますが、香港の財政長官である曽俊華(ジョン・ツァン)氏は2015/...
 
香港の公認会計士協会に登録している公認会計士の数は3万人を超えています(2015...
 
日本でもメディアを通して情報が届いていらっしゃると思いますので詳細は省きますが...
 
来る2月3日(火)と4日(水)の2日間、朝の10時から終日(夕方5時30分まで)...
 
国際金融センター ~香港・中国ビジネス活用法~ 『香港法人設立セミナー』 h...
 
12月25日、26日は香港のクリスマス連休となり、CCM香港もお休みとなります。...
 
SHIBUYA109でお馴染みの東急電鉄&東急モールズデベロップメント社(以下...
 
海外でビジネスを展開する際、マネジメントクラス人材を含むローカルスタッフの雇用や...
 
今日は香港で遺言書を作成する方法やメリットについてご紹介させていただきます。 ...
 
2013年3月1日以降海外でATMカードを利用するには、海外利用の設定が必要に...
 
弊社で法人をお預かりしているお客様宛てに、HSBCから様々な手紙が送られてきま...
 
香港裁判所から免責許可が出された後、および破産期間においては、破産者はその破産状...
 
香港において何らかの資産をお持ちの方が亡くなった場合、亡くなられたのが香港であ...
 
富裕層をターゲットとする新たな課税枠を政府・与党は検討し始めたようです。こうした...
 
KYCとは"Know Your Customer"の略の事で、和文に訳しますと...
 
9月28日に勃発・表面化した今回のデモ(傘の革命=Umbrella Revolu...
 
日本はアジア諸国に中でも比較的に祝日数が多い国として知られています。これは消費を...
 
海外に赴任と言う形になるとその期間に於ける健康上のリスクを言うのは格段に上がりま...
 
今まで香港は銀行口座を開設する場所としては"世界で最も便利な地域の1つ"という共...
 
ほぼ一年に渡って日本で言う"真夏日"が続く香港ですが、やはりこの時期(7月~9月...
 
毎年の5月前後になるとスイスのローザンヌにある国際経営開発研究所(IMD=Int...
 
香港だけでなく中国国内でも家族帯同ケースの場合、悩みの種は尽きません。特に日本人...
 
日本から見ると到底信じられないようなことが、一歩外国へ飛び出すと全く"日常"であ...
 
某リサーチ会社が行ったアンケートによると、駐在員、駐在経験者に"受けておけば良か...
 
香港・中国に仕事などで関わられる方にとっては一度は聞いた事がある言葉ではないかと...
 
2000年12月から香港で導入されている公的制度のひとつであるMPF(=香港強制...
 

▲ページのTOPへ