香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

法人

2月26日、香港財政長官である陳茂波(ポール・チャン)氏は、来年度(2020年4...
 
それにしても、香港のデモがここまで長期化すると誰が予想したでしょうか?大規模な抗...
 
中国が外資の誘致を通じた経済発展を目指す方針に転じて以来、香港は外国企業が中国に...
 
香港にも日本同様、労働者に対する法律と言うものは存在しています。所謂、労働基準法...
 
香港が「国際金融センター」としてライバルであるシンガポールの追随を許さない要素の...
 
アジア地域の"統括拠点"と言う視点で考えた場合、香港とシンガポールは往々にして良...
 
例えば日本の会社が投資元である本社事業の延長線上の立ち位置として営業の拠点を香港...
 
ひと言で今回ご案内するパートナーシップ(Partnership)を表すと、それは...
 
1990年代の中頃から約10年の間と言うのは日本企業、特に上場クラスの企業達が挙...
 
企業は年々増加の一途を辿っています。2014年、1,060社がスタートアップした...
 
1.法人設立の目的:法人設立の目的と言うのは、言うまでもなく、全体の中で一番重要...
 
例えば(外国企業ではなく)日本企業が株式公開を決定した場合、上場する市場として自...
 
現状を正確に描写すれば、目下のところ、香港や中国の対外投資と言うのは全体から見れ...
 
一部の方々はご存知である通り、日本では2017年(平成29年)度の税制改正におい...
 
戦後、経済成長期、また昨今の状況やこの先も「海外」と言うマーケットは日本にとって...
 
つい最近まで日本に於いて"企業買収"と言う言葉の響きについて好意的に捉えられる向...
 
日本の企業でもの香港での成果は悲喜交々(こもごも)...自由経済市場での競争とな...
 
ご存知の通り、香港では多くの多国籍企業が関連会社に対する地域統括機能並びにファイ...
 
昨今のビジネスシーンは電子メールを筆頭としたネット環境の著しい発展の影響を受けた...
 
どこの国の労働者も自国の雇用状況について感心が無い国は居ません。香港でもそれは同...
 
歴史的にも香港は広く外国からの投資を誘致してくることで発展して来た地域である為、...
 
適切な人材の確保は、香港は言うに及ばず海外事業展開上、必須事項と言えるものの中の...
 
■既に改定項目導入済の分野について改定項目は時系列的に2段階に渡って施行して行く...
 
企業は様々な手法を使って国内外での事業拡大を行います。近年、様々な企業のアセアン...
 
香港で法人設立業務を引き受ける業者の多くは地場の会計士事務所や弁護士事務所、或い...
 
香港は1997年7月1日、それまでの英国統治から離れ、当時の主席であった江沢民中...
 
香港で自分自身のビジネスを始めようとする場合の最初のハードルは一体何でしょうか?...
 
2018年3月1日から施行される新しいルールが香港で設立した(する)会社に設けら...
 
香港の会社登記局(CompanyRegistry)によると、過去の会社登記抹消の...
 
香港の会社法の改訂は2014年に行われました。この刷新によってそれまでのツギハギ...
 
前回までの内容と言うのは設立段階で必要な基本的事項、 会社名の決定や株主、取締役...
 
弊社CCM香港では香港進出に関して日常でお客様のお手伝いを行なっておりますが、や...
 
香港はその立地条件から言っても中国国内やアジア進出上を目指す企業にとって格好の場...
 
米国のシンクタンクである「ヘリテージ財団」と経済紙「ウォールストリートジャーナル...
 
香港の法人税率は16.5%であり、アジア諸国の中で比較をすると断トツの低税率を誇...
 
昨年の5月13日、『タックスヘイブン税制』が適用されている居住者が、海外の子会社...
 
海外での手続きの類(たぐい)は日本から見ているとどうしても分からない(或いは想像...
 
香港進出の手順から申し上げると、まずは香港進出の形態について充分な理解をして置く...
 
香港法人を設立し経営をして行く中では様々な問題が発生します。それは例えば多国間を...
 
香港で従業員(会計担当)を雇う場合、予算感としてはやはり日本円にして30万円程度...
 
昨年の統計実績では香港はIPO起債額が世界ナンバーワンだったそうです。実際、香港...
 
香港で法人設立を行い、経営していく中ではこの地域が企業側に一つの"ルール"として...
 
香港はその昔から貿易上の『ハブ』(寄港地)としての機能を果たして来ました。英国統...
 
海外、例えば香港に親会社がありその子会社が日本にあると言うようなストラクチャーを...
 
その時々の経済情勢を反映しているのでしょうか、香港の法人登記及びライセンス更新に...
 
質問: 香港で企業買収を行なう場合は日本程難しくはないと聞いた事がありますが、果...
 
香港への(事業)進出形態は多岐に分かれておりますので特定は出来ませんが、こと実業...
 
香港で会社設立をされる会社様は会計監査を行う事が義務付けられています。これは香港...
 
香港法人の業績や役割が、当初計画していた目標(値)などを達成出来なかった場合、当...
 
日本から来られる駐在員の方や出張者の方々から聞かれる質問の中には、表題の"減価...
 
日本国内市場に限界を感じ世界へ進出する企業が増えています。 アジアの情報収集を...
 
一年の年度が終了すると、香港で設立をされている会社様は一様に会計監査のプロセス...
 
【 質問 】 日本法人や日本の居住者が株主となっている香港法人の所得について、...
 
既にこのCCM香港のコラムでも何回にも渡って昨今の香港での銀行口座開設事情の変化...
 
香港で法人設立して実際に事業を行って参りますと、"オンショア所得"と"オフショア...
 
Big4の一角であるアーンスト&ヤング会計事務所の報告によれば、2014年、香港...
 
日本本社として中国で現地法人子会社などを構えた際、先ず念頭に置かなくてはならない...
 
アベノミクスの失速などもその背景としてあるのかも知れませんが、冷え込んでいる...
 
◇ 「香港法人の精算について 1」はこちら ◇ ◆ 3)債権者による自動清算 ...
 
香港法における法人の清算とは、法人の業務を閉鎖し、法人の全資産を最初に債権者へ...
 
HSBCで法人口座を開設すると法人用クレジットカードの申請も可能です。 経費...
 
香港の雇用条例によりますと、産休を取得するには、下記の条件を満たしていることが必...
 
企業のサイズを問わず、相談事と言うのはまさに絶える事がありません。一つの問題を...
 
香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別...
 
香港の雇用条例においては、従業員が次の事由に該当する場合、雇用主は雇用契約に基づ...
 
香港を中心として中国などへのビジネスコンサルを生業としております弊社には上記のよ...
 
破産には二つの方法があります。 1)債権者が裁判所に破産申立を行い、未決済の債...
 
香港に会社を設立し、その会社の取締役として就労ビザを申請するには、香港にビジネス...
 
景気動向や従業員の業務上のパフォーマンスなどを原因として、会社から解雇を言い渡...
 
香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、"...
 
今回は、香港新会社法379条に定める"連結財務諸表の作成免除"に関する新しい...
 
香港は市場経済においてレッセフェール(laissez-faire=自由放任主義...
 
お客様が香港法人設立を相談されるとき、よく会計事務所や法律事務所、或いは設立サポ...
 
香港には様々な使い道がありますが、今回はその進出の形態とその際のメリット&デメリ...
 
香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の...
 
香港で法人を設立する際、日本の方々が一様に戸惑われる事のひとつに『会社秘書役(C...
 
国際金融センターと呼ばれて久しいこの香港ですが、ここに進出を果たしている金融機関...
 
以前ほどでなくなったとは言え、依然として企業の『海外進出先』の中で中心的な位置に...
 
海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ...
 
企業の海外進出に於けるその「目的」は、つい10年ほど前まで支配的概念であった「現...
 

税務

世の中には様々なルールと言うものが存在しておりますが、国の収入と言う視点で機能す...
 
世の中には様々なルールと言うものが存在しておりますが、国の収入と言う視点で機能す...
 
日本を仕事や生活の拠点としている法人や個人からすると、香港のような軽課税地域を利...
 
香港のような軽課税地域で仕事を行ったり金融商品等に投資を行う企業や個人は日本国内...
 
企業にとってどうしても避けて通れない"儀式"と言うもののひとつは「納税」と言って...
 
香港の法定会計監査報告書は法人税申告の際に税務当局が詳細を分析する「重要書類」の...
 
企業活動を行う中では、ある会社が統括的な役割を担うことで他のグループ企業に対して...
 
香港の税制及びそれに関連する税率は世界を見渡して見ても依然として競争力がある内容...
 
香港の法人税に於ける課税対象期間と言うのは基本的に会計期間と一致しています。例え...
 
香港のメリットを挙げろと言われた場合に出て来る項目の一つの中には「税率」と言うも...
 
【質問】本社との話し合いの結果、香港から撤退か休眠かの選択肢を求められています。...
 
英国のシンクタンクのひとつであるZ/Yenグループの統計結果に寄ると、自社が標榜...
 
毎年発表される税制改正と言うものは、過去に起こった事例などからの改善点を盛り込み...
 
自民党による平成31年度の税制改正大綱が昨年の12月14日に発表されました。この...
 
香港での法人設立後、事業活動に勤しみ年度末決算の時期に入って参りますと董事長の方...
 
第2回となる香港の会計・税務周りの規則や基準ですが今回は企業会計と税務会計、記帳...
 
日本の会計制度と香港の会計制度上での一番の違いと言うのは香港で設立した法人は基本...
 
香港で納税を怠ると一体どのような事になるでしょう?日本と比較して多くの部分で"緩...
 
香港で施行されている税金とその種類・内容と言うものは、日本の税金の種類とその内容...
 
香港と言う場所は世界の中に置いても非常に特異な立場にある地域です。歴史的にも19...
 
一般的に捉えられている香港のイメージと言うものは、ひとつには広東料理に代表される...
 
香港は中国にとって南のゲートウェイであり、中国返還の前後である1990年代後半か...
 
2017年10月11日、今年7月1日から新たに行政長官に就任した女性議員、林鄭月...
 
日本は(やや軽減されたとは言え)依然として法人税だけでも30%近いものであり、更...
 
"士業"と言うカテゴリーの職業は、その資格取得の難易度などから世の中の方々、特に...
 
香港駐在員にとって香港の納税制度の点で頭に置いておかなくてはならない事と言うのは...
 
質問:弊社はグループとして海外展開、特に今まで主要取引先メーカーなど意向もありア...
 
質問:小規模で香港進出している我社にとっては現地法人の会計担当に辞められると非常...
 
質問:弊社香港現地法人がアウトソース先として毎月決算書作成をお願いしていた香港の...
 
タックスヘイブン対策税制と言うものは、ひと言で申し上げると低税率の国・地域に日本...
 
本部をフランスのパリに置くOECD(経済協力開発機構)は、先進諸国などからの要請...
 
香港で働く方々にとっても所得に掛かる税金の取扱いはとても重要な一年の行事です。日...
 
香港駐在を行って一年を過ぎようとする段階となると、当地のルールに従ってご自身の給...
 
香港で法人設立を行い、ビジネスをすることのメリットは非常に数多くあります。具体的...
 
海外進出を計画する際に中小企業の代表者様や会計担当者様が真っ先に相談を持ち掛ける...
 
海外進出を行う際は、事前に様々な事をリサーチして置く必要があります。香港は非常に...
 
香港で企業活動をすると、その低い税率や緩い会社法を実感することが日常です。これは...
 
香港は世界の国際金融センターとしてその立場をより磐石なものとする為、様々な施策を...
 
タックスヘイブン税制の対象となる外国子会社を含んだ"組織再編成"で注意する点があ...
 
事業活動を行っても法人税によって体力を"奪われる"と云う部分は世界中の経営者達に...
 
香港や中国、シンガポールなどで海外ビジネスを推進されている方々の中には『タックス...
 
HSBCお助け支店ブログで、NHKが放送した預金封鎖の動画がアップされています。...
 
香港では、1(課税)年度に180日以上、又は連続する2(課税)年度において30...
 
香港のような軽課税地域では常に日本の税法、特にタックスヘイブン対策税制の影響下に...
 
昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて...
 
2014年30日に自民、公明両党は2015年度与党税制改正大綱を決定致しました...
 
本日のニュースで、住宅建材大手トステムの創業者(2011年死去)の長女が東京国...
 
一般的に外国企業が日本において日本のマーケットを利用して何等かの所得を獲得した...
 
税金を支払う季節になって来ると、この手の質問が当社にもお客様から来る事が多くな...
 
香港は場所柄、多くの国の方々が自国の課税負担との比較の中で節税を目的とした相談...
 
香港の場合は、日本の申告納税方式ではなく、納税者が申告を行った後に税務局(=I...
 
香港の会計制度は、基本的に国際会計基準(IAS)を準用しています。 この準用し...
 
よく聞かれる質問のひとつに日本における監査意見との違いがあります。何故このような...
 
 自分でリスクを取り、努力し、頭を使って財を築いても、相続が発生すると我が物顔で...
 
香港の法人税が16.5%である事をご存知である方々も最近では増えて参りました。...
 
香港の直接税は僅か3種類のみです。それらは先ず法人税に当たる『事業所得税』であ...
 
FATCA...日本の皆様にとってはひょっとしたら聞き慣れない言葉かも知れません...
 
香港に販売拠点などを置き、中国国内にある生産工場で仕事をされる駐在員の方々や、応...
 
2014年2月26日、香港特別行政区政府の曾俊華(ジョン・ツァン)財政司司長が、...
 

一般

改めて言うまでも無く、『香港』と言う名を聞けば、多くの者は"世界有数の金融センタ...
 
先頃香港で開催されたAFF (Asian Financial Forum)は、昨...
 
2月26日、香港財政長官である陳茂波(ポール・チャン)氏は、来年度(2020年4...
 
例えばですが、貴方がスタバに行ってコーヒーを注文する際、それをわざわざ「契約書」...
 
日本の企業、特に製造業については海外のマーケット無しでは立ち行かない状況になって...
 
コロナウィルスの猛威は今や世界中に拡散し、各国は現在その対策に追われているような...
 
香港と言う都市は、別の見方をすると"看板大国"と形容しても良いところかも知れませ...
 
2月に入り、中国を中心として次々と新型ウィルス(コロナウィルス)に関する情報が溢...
 
イギリスのメディアであるBBCによると、昨年の7月から9月に掛けての香港経済は3...
 
中国の上層部にとってこの「香港問題」と言うのは、少なくとも2019年の6月の段階...
 
新型コロナウィルスの"猛威"を象徴する感染者の数の報告が、ここ数日間において急速...
 
様々な産業の中で個人情報の利用を「命綱」的なものとして捉えているのがダイレクトマ...
 
香港に於ける「個人情報」と言うのは、主に「香港個人情報保護条例」(以下、「条例」...
 
今回の台湾総統選を端的に評価すると、昨年末の12月に行われた世論調査上でも既に蔡...
 
「意識調査」と言うものは、ある目的を設定後にそれに沿った一定の質問を一定層の人間...
 
香港とマカオは中国・華南地区で隣接している地域であり、この2つは現在、フェリーに...
 
前回からの続きとなりますが、香港の激動、2019年の出来事をランダムに抽出し10...
 
香港にとってこの1年は一国二制度が始まった1997年以後で最もハードな一年であっ...
 
今年も師走の時期に入り、世界中の街角ではクリスマスやら新年に向けて華やかなデコレ...
 
アリババがとうとう香港の最大の証券市場である『メインボード』での上場を成し遂げる...
 
香港は英国統治時代のお蔭で金融立国(香港は"国"ではありませんが、敢えてここでは...
 
英国が香港の支配権を獲得すると、(先の)ジャーディーン・マセソン商会を筆頭として...
 
先ず多くの人がイメージする香港の有名な歴史上の出来事と言うのはアヘン戦争のことで...
 
香港では社会制度上、被雇用者に対する"セーフネット"と言う目的で機能している制度...
 
どこの国でも子供の教育には多大な関心が払われます。これは日本でも香港でも同様の価...
 
既に有名な話ではりますが、中国国内では基本的に我々が日常的に使用するGoogle...
 
(2014年に発生した「雨傘運動」の時もそうであった...)と邂逅する方々は日本...
 
既に一部の方々は既成事実のように捉えられていた向きもありましたが、先般、大手各付...
 
香港を単なる"金融都市"としてだけしか見ないでいると実は非常大切なコア=芯の部分...
 
古くは「味千ラーメン」から「ポッカコーヒー」、また最近では「一風堂」や「CoCo...
 
"遂に"と言うか、とうとう正式に香港政府が(この数ヶ月の大混乱の要因となっていた...
 
香港が擁する香港の紹介機関の中で最も代表的なもののひとつとしてよく挙げられるとこ...
 
逃亡犯条例改正に端を発した香港政府(中国政府?)と香港人の戦いは泥沼化の一途を辿...
 
もともとは台湾で発生した事件を発端として、その主犯が香港人絡みであったことが引き...
 
国連(UnitedNation)は今から7年前の2012年を皮切りとして毎年3月...
 
2015年に香港のアーティストが発したイラストは、瞬く間に世界中に"拡散"される...
 
そのイラストは20枚から構成されています。そのそれぞれが、中国と言う国の常識と香...
 
近年、日本を訪れる香港人は200万人を超えているようです。この数は人口比率で考え...
 
香港で発生した"政府対民衆"の行方は、一先ず市民感情の沈静化を最優先とする香港政...
 
元々、歴史的は英国の植民地であった香港は中国への返還が行われた1997年以後に於...
 
今回の「逃亡犯条例」に端を発したデモと言う動きと言うのは、実は香港で5年前に起こ...
 
何とも消化不良的な現状の結果ではありますが、政府側、市民側双方にとって一先ずの妥...
 
●歴史:香港と言う所に大陸の人間=中国人が住み始めたのは歴史的には唐の時代からと...
 
6月9日と16日、この2つの週末にかけて香港ではかつてない程の規模のデモが行われ...
 
昨年の話となりますが、香港のトップであるキャリー・ラム行政長官が香港の離島のひと...
 
日本では今、「令和」の幕開けが盛大に行われています。10連休となったゴールデンウ...
 
移民先進"地域"(香港は国ではなく、中国の一国二制度の中にあるひとつの特別地域で...
 
世界中の主要都市を広く見渡しても香港の"住宅周りの話"以上に厳しい環境である場所...
 
中国が掲げる「一帯一路」構想の最東端となる地域と言うのがこの「大湾区」。これを構...
 
恐らくこれが中国政府の思惑通りに整備された暁には、この「大湾区」がカバーする産業...
 
香港を世界に名だたる「国際金融センター」と評価させている最大の要因は一体何でしょ...
 
変化が著しい最近の香港。今から去ること2年前の2017年、中国への返還20周年を...
 
最初から「結論」を申し上げる形となりますが、どうやら香港の2019年の経済の見通...
 
香港IDの歴史を紐解くとその最初は1949年にまで遡ることになります。この年、中...
 
ビジネス上のテコ入れはどこの国や地域でも常に検討され、また導入されていくものです...
 
マカオ(澳門)は香港の中国返還から遅れること約1年半後の1999年12月20日に...
 
1998年7月1日午前0時の時報と共に、香港はそれまでの香港から「中華人民共和国...
 
国際金融センターである香港が、国際金融以外の事件で"世界を揺るがした"稀有なケー...
 
最初に理解して置かなくてはならないことと言うのは、香港の賃貸物件は、ディベロッパ...
 
日本の労働基準法に相当する香港の法令とは1968年に制定された「雇用条例(Lab...
 
結論から申し上げると"(香港で)車を持つ"と言うことは、庶民にとってやはり"高嶺...
 
香港人にとって日本と言う国は、"セカンドホーム"に近い感覚なのかも知れません。休...
 
香港の機能を整理して行くと様々な点で興味深いことがあることに気が付かれる方は多い...
 
最近では多少「回復」を実感出来るようになった日本経済ですが、財政収支等の経済指標...
 
金融商品、特に生命保険を代表とする長期型の金融商品を香港で加入すると、その効果は...
 
香港では一般家庭に置いて家族と共に生活を行い、家事などを主体としたサービス業務に...
 
前回(1)では香港の医療機関の構造と受診の際の段階、そして支払いのやり方について...
 
香港における医療機関と言うのは先ず大きく分類して以下の3つとなります。1)公立病...
 
香港での就労ビザ取得を考えた際、その申請者に対して要求される「前提」と言うのはそ...
 
国外駐在をされるご家庭の多くは、お子様達の中学入試や高校入試、大学入試と言う各々...
 
「香港人が何故『金融』と言う視点であれ程ガツガツしているのか?」と言うことに対し...
 
アジアに置ける自由マーケットの最先端と言う場所は、世界的な評価を基準とすると、残...
 
香港にて短期商用活動を行う際の就労ビザ取得に関する注意喚起香港では、「訪問ビザ」...
 
香港の住宅事情は世界でも大変厳しいものです。ひと言で言うと、値段は飛び抜けて"高...
 
先般、シンガポールでは世界的スポーツイベントのひとつであるF1グランプリが3日間...
 
MPF(=Mandatory Provident Fund)と名の付く公的年金制...
 
例えばですが、自社のある社員(年収を500万円に設定)を海外駐在者として設定し香...
 
右も左も分からない手探りの状態において「助け」や「頼り」になる存在と言うのは、そ...
 
香港には世界的な教育文化機関であるユネスコ(United Nations Edu...
 
日本でもアメリカでも、そして香港でも、刻一刻と変化する金融市場や経済、政治状況な...
 
夏休みに心を踊らせる方は古今東西、老若男女を問いません。今回は"観光"としての香...
 
アジア圏は元より世界の国々にとっても香港と言う地域は、中国の南側(華南地域)の"...
 
英国の植民地であった香港が、中国の中に正式に組み入れられた日が1997年7月1日...
 
日本の給与体系というのを改めて客観的な視点で眺めて見ると、それが「総額」前提とな...
 
香港やシンガポールと言ったオフショア地域・国には日本から移住をして来られた富裕層...
 
日本国内ではある時期、不動産仲介業者などが中心となってタワーマンション購入を(富...
 
全般的な総括をすると、2015年の香港経済は"プラス成長を維持していた"が、結果...
 
日本でお亡くなりになられてしまう方が、例えば海外及び外国の銀行に現金などの資産を...
 
海外生活を始めると、国内では(当たり前...)として気にも留めなかったことが色々...
 
日本では今年に入りマイナンバー制度が本格導入ということもあり、会社や個人という各...
 
HSBCホールディングス(以下、"HSBC")は元々、1865年に香港で業務を開...
 
2016年度に於ける香港のGDP成長率の見通しは、香港に在する各金融機関のレポー...
 
香港は空が霞んでいる日も多く、スカッ!と晴れて青空や夜景がきれいに見える日は少な...
 
弊社では日頃、海外法人設立をサービスの主体としてお客様にご案内していますが、その...
 
HSBCでの銀行口座開設の難易度に対してご心配をされる方々が昨今では多いのですが...
 
先月の話になりますが、香港の財政長官である曽俊華(ジョン・ツァン)氏は2015/...
 
香港の公認会計士協会に登録している公認会計士の数は3万人を超えています(2015...
 
日本でもメディアを通して情報が届いていらっしゃると思いますので詳細は省きますが...
 
来る2月3日(火)と4日(水)の2日間、朝の10時から終日(夕方5時30分まで)...
 
国際金融センター ~香港・中国ビジネス活用法~ 『香港法人設立セミナー』 h...
 
12月25日、26日は香港のクリスマス連休となり、CCM香港もお休みとなります。...
 
SHIBUYA109でお馴染みの東急電鉄&東急モールズデベロップメント社(以下...
 
海外でビジネスを展開する際、マネジメントクラス人材を含むローカルスタッフの雇用や...
 
今日は香港で遺言書を作成する方法やメリットについてご紹介させていただきます。 ...
 
2013年3月1日以降海外でATMカードを利用するには、海外利用の設定が必要に...
 
弊社で法人をお預かりしているお客様宛てに、HSBCから様々な手紙が送られてきま...
 
香港裁判所から免責許可が出された後、および破産期間においては、破産者はその破産状...
 
香港において何らかの資産をお持ちの方が亡くなった場合、亡くなられたのが香港であ...
 
富裕層をターゲットとする新たな課税枠を政府・与党は検討し始めたようです。こうした...
 
KYCとは"Know Your Customer"の略の事で、和文に訳しますと...
 
9月28日に勃発・表面化した今回のデモ(傘の革命=Umbrella Revolu...
 
日本はアジア諸国に中でも比較的に祝日数が多い国として知られています。これは消費を...
 
海外に赴任と言う形になるとその期間に於ける健康上のリスクを言うのは格段に上がりま...
 
今まで香港は銀行口座を開設する場所としては"世界で最も便利な地域の1つ"という共...
 
ほぼ一年に渡って日本で言う"真夏日"が続く香港ですが、やはりこの時期(7月~9月...
 
毎年の5月前後になるとスイスのローザンヌにある国際経営開発研究所(IMD=Int...
 
香港だけでなく中国国内でも家族帯同ケースの場合、悩みの種は尽きません。特に日本人...
 
日本から見ると到底信じられないようなことが、一歩外国へ飛び出すと全く"日常"であ...
 
某リサーチ会社が行ったアンケートによると、駐在員、駐在経験者に"受けておけば良か...
 
香港・中国に仕事などで関わられる方にとっては一度は聞いた事がある言葉ではないかと...
 
2000年12月から香港で導入されている公的制度のひとつであるMPF(=香港強制...
 

▲ページのTOPへ

スマホサイトを表示